近づいちゃダメ! 婚活アプリのプロフィールに○○と書いてある男は危険

カナウ

2018/2/13 11:00


近づいちゃダメ! 婚活アプリのプロフィールに○○と書いてある男は危険

近年、手軽に出会いを増やせる方法として広まりつつある婚活アプリ。

「ちょっと興味あるかも」

「友達が婚活アプリで彼氏ができたって聞いたし、してみたいけど怖い」

など興味はあるけれど踏み出せない、婚活アプリビギナーの方も多いのではないでしょうか。

今回は、そんな婚活アプリビギナーの方向けに、「こんなプロフィールの男性は避けるべき」というNGプロフィールをご紹介します。

【男性版】婚活アプリのNGプロフィールとは?


こんなプロフィールの男性とは会ってはいけないという残念プロフィール例を2つご紹介します。

婚活アプリのNGプロフィール①情報が少なすぎる

婚活アプリは、ほとんどの場合本人確認は、免許証や保険証などの提出など、簡単なものにとどまります。それゆえ、年齢以外の情報はいくらでも嘘をつける状況だ、ということをまずは認識しておきましょう。特に、年収などは盛りがちなので、そのまま信じるのは危険だと言えるでしょう。

ただでさえ、信頼できる情報が載っているか疑わしい婚活アプリなのに、ほとんど自分の情報を載せていない、という人は、婚活に真剣ではないか、書くと不利になる情報が多いと考えるのが自然でしょう。

たとえが、結婚歴、という欄が空白になっていたとします。実はバツイチである、という場合、バツイチが出会いに不利になると考える男性はあえて書かない可能性があります。また、もっとひどい場合には、既婚者だという場合もあるのです。書かれている情報をそのまま信頼するのは危険ですが、そもそも情報の開示が少なすぎる人は避けた方が良いでしょう。

婚活アプリのNGプロフィール②年齢よりも若く見られます

婚活アプリのプロフィール欄に、「年齢よりも若く見られます」「年相応に見られないのが悩み」などと書いている男性がいます。そういう男性に限って年相応のルックスをしているものです。ではなぜ彼らは、「年齢よりも若く見られます」とプロフィールに書いてしまうのでしょうか。

ひとつには、「自分はターゲットとして考えている年齢の女性からはオジサンだと思われる年になっている」ということを引け目に感じている可能性があります。「自分はまだまだ見た目的には若いので、若いあなたとも釣り合う人間なのです」、ということをアピールしたいと考えているのです。

もうひとつには、本当に自分が見た目が若いと信じているパターンもあります。彼らは周りから言われたお世辞をそのまま素直に受け入れるナイーヴな性格を持っているといえるでしょう。素直だとも言えますが、客観性がないとも言えます。

こういったプロフィールを書く男性は、若さに価値を置きすぎている人や、自分の老いを受け入れられない人、客観性に欠ける人である可能性が高いため、避けた方が無難でしょう。

おわりに


婚活アプリは、誰もが手軽に使える新時代の出会いツールです。ですが、その手軽さゆえに、使用目的は様々です。自分に最適な人と出会うためには、プロフィールを見極め、また書かれていることを信じすぎない必要があるでしょう。

今来 今/ライター

あなたにおすすめ