最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

ボボ・ブラジル “黒い魔神”のアイアン・ココバット”――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第16話>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


アメリカのプロレス史上、もっとも一般的知名度の高い黒人レスラーである。1950年代から1990年代前半まで活躍した息の長いスーパースターだった。

6フィート6インチ(約198センチ)、体重270ポンド(約120キロ)というスーパーヘビー級の体格で、シグナチャー・ムーブ=必殺技はアイアン・ココバットの名称で親しまれた、長身からくり出すジャンピング頭突き攻撃。

“おとぎ話”としてのプロフィルは「1940年代にベースボールのニグロ・リーグ(ミネソタ)でプレーしていたところをジョー・サボルディーJoe Savoldiにスカウトされた」となっているが、じっさいはレスラー志望だったブラジルがサボルディーに弟子入りし、サボルディーがこの体の大きな若者にボボ・ブラジルというリングネームを与えたというのが正しい順番のようだ。

ボボ・ブラジルに変身するまえのヒューストン・ハリス(本名)はミシガン州ベントンハーバーの果樹園でトラクターを運転していたとされ、正式デビューは1951年だから、20代後半になってからプロレスを志したことになる。

“テレビ時代”の黒人スター第1号だったが、プロモーターは白人対黒人のカードを組もうとせず、黒人レスラー対黒人レスラーのニグロ・チャンピオンシップが隔離した形でラインナップされるというのが1950年代の“いびつな平等”の定義だった。

第二次世界大戦後の1947年にジャッキー・ロビンソンが黒人として初のMLBプレーヤーとなったが、プロレス界はそんな時代の空気にやや鈍感だった。

いまとなっては信じられないようなエピソードだが、人気レスラーとしてアメリカじゅうをツアーするようになってからもブラジルは「黒人だから」という理由でレストランの入店を拒否されたり、ホテルの宿泊を断られたりといった迫害を受けたという。

全米黒人地位向上協会NAACP(National Association for the Advancement of Colored People)がブラジルの存在に注目し、ワシントンDCで抗議デモをおこない、このニュースが全米の新聞で報道された。

黒人対白人の初めての因縁ドラマは、ボストンでおこなわれたブラジル対キラー・コワルスキーの連戦シリーズだった。

その後、ブラジルはバディ・ロジャースのNWA世界ヘビー級王座にも挑戦(1962年10月18日)。ロジャースが3本勝負の3本めに急所を強打して試合続行不可能=棄権となったためレフェリーがブラジルの判定勝ちをコールし、いったんはブラジルの手にチャンピオンベルトが渡ったが、試合後に裁定がくつがえった。

もちろん、ブラジルがベビーフェースで、ロジャースがヒールというシチュエーションだったことはいうまでもない。“まぼろしの世界チャンピオン”というドラマツルギーはいかにも悲劇のヒーローらしかった。

また、“負傷”で試合放棄(タイトルマッチ・ルールにより王座移動はなし)といういわゆる疑惑のエンディングは、ロジャースのもっとも得意とするところでもあった。

ブラジルはその後、ルー・テーズ、ジン・キニスキー、ドリー・ファンク・ジュニア、ジャック・ブリスコら1960年代から1970年代の歴代のNWA世界王者に挑戦し、いずれも60分フルタイムのドローを演じた。

ロサンゼルスではWWA世界ヘビー級王座を2度獲得(1966年9月2日と1968年1月12日、いずれもキラー・バディ・オースチンを下す)。

デトロイトを中心とした五大湖エリアを舞台とした“永遠のライバル”ザ・シークとのUSヘビー級王座をめぐる闘いは、おたがいが60代に手が届くなるまでつづいた。

日本のリングではジャイアント馬場(1968年6月25日=名古屋)、大木金太郎(1972年12月1日=横浜)を下し通算2回、インターナショナル王座を獲得した。

このインター王座は日本プロレス崩壊後、全日本プロレスのリングで復活。1989年(平成元年)4月、三冠ヘビー級王座に統一後も馬場、ブラジル、大木らがその腰に巻いたチャンピオンベルトがそのまま使用された。

●PROFILE:ボボ・ブラジルBobo Brazil

1924年7月10日、アーカンソー州リトルロック生まれ。少年時代をミズーリ州イースト・セントルイスで過ごす。トレードマーク技はアイアン・ココバット(頭突き)。初来日は1957年(昭和32年)。日本でのニックネームは“黒い魔神”。日本テレビのプロレス中継では、花束嬢から受け取った花(なぜか菊の花の場合が多かった)をむしゃむしゃ食べてしまうという変わったパフォーマンスを定番シーンにしていた。1998年1月20日、脳こうそくで死去。享年73。

※文中敬称略

※この連載は月~金で毎日更新されます

文/斎藤文彦


外部リンク(日刊SPA!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス