冒険小説「英雄コナン」シリーズをAmazonがドラマ化、『ゲーム・オブ・スローンズ』監督も参加

海外ドラマNAVI

2018/2/13 08:00

アーノルド・シュワルツェネッガー主演で映画化もされた冒険小説「英雄コナン」シリーズ(ロバート・E・ハワード作)をドラマ化する企画が、Amazonにおいて動いていることを米Deadlineが報じた。

【関連記事】『ゲーム・オブ・スローンズ』で2017年最も読まれたニュース&コラムTOP10

ヒロイック・ファンタジーの先駆けである「英雄コナン」は、1932年から発表されてきたシリーズで、日本では早川書房や東京創元社から翻訳版が刊行されている。アーノルド・シュワルツェネッガーの主演により『コナン・ザ・グレート』(1982年)、『キング・オブ・デストロイヤー/コナンPART 2』(1984年)として映画化されたほか、2011年にはジェイソン・モモア(『ゲーム・オブ・スローンズ』)主演の映画『コナン・ザ・バーバリアン』も公開された。

『Conan(原題)』と題される今回のドラマ版は、民族の故郷から追放されたコナンが、謎と危険に満ちた世界をさまよい、見境のない野蛮人として拒絶されながらも、目的を探し求めるストーリーになるとのこと。

企画と脚本を手掛けるのは、映画『ヘラクレス』(2014年)の脚本を執筆したほか、米USAで放送中のジョシュ・ホロウェイ&サラ・ウェイン・キャリーズ主演ドラマ『Colony(原題)』のクリエイターの一人でもあるライアン・J・コンダル。また、『ゲーム・オブ・スローンズ』第六章第9話「落とし子の戦い」の監督としてエミー賞を受賞したミゲル・サポチニクが、パイロットの監督を務める。そして、コンダルとサポニチクに加え、エミー賞受賞作品の『FARGO/ファーゴ』や『ハンドメイズ・テイル/侍女の物語』で製作総指揮を担うウォーレン・リトルフィールドが、『Conan』の製作総指揮にクレジットされる。

コンダルとサポチニクは「英雄コナン」の長年のファンとのことで、ドラマ化にあたっては原作小説に立ち返り、コナンというキャラクターの真髄に忠実なシリーズを作ることを目指しているという。

なお、Amazonは現在、米HBOの大ヒット・ファンタジードラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』の成功にならい、スケールの大きなファンタジードラマに力を注いでいるところ。昨年11月には、『ロード・オブ・ザ・リング』のドラマ制作が決まっている。(海外ドラマNAVI)

Photo:「落とし子の戦い」(『ゲーム・オブ・スローンズ』)
Game of Thrones (c) 2017 Home Box Office, Inc. All rights reserved.
HBO(R) and related service marks are the property of Home Box Office, Inc.
Distributed by Warner Bros. Entertainment Inc.

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス