なんだかレトロな味わい! コッペパンと「神戸珈琲職人」が口福なコラボ

レタスクラブ

2018/2/13 06:30

昨今、巷で大いに話題となっているのが、昔懐かしの「コッペパン」。

テレビやSNSなどで注目され、その人気は急激にアップ。コッペパン専門店が次々オープンするほど、一大「コッペパンブーム」を巻き起こしています。

給食を思い起こさせ、どこかノスタルジーを感じるコッペパン。素朴で優しいその味わいに、懐かしさを覚える人も多いことでしょう。

今回新発売の「コッペパン ~神戸珈琲職人のコーヒー~」は、「フジパン」と「神戸珈琲職人」による夢のコラボ商品。ふんわりしたコッペパンの中には、「神戸珈琲職人」のコーヒークリームがぎっしりとサンドされています。

こっくりとして深みのあるコーヒークリームと、シンプルな味わいのコッペパンが見事にマッチしており、従来のコッペパンのイメージを覆すおしゃれな逸品です。

「コーヒーの街」と称される神戸。その神戸で1932年に創業したのが日米珈琲株式会社です。以来86年に渡り、ホテルや喫茶店にコーヒーを提供し続けてきました。

その日米珈琲株式会社から、一般家庭向けとして2012年に満を持して生まれたブランドが「神戸珈琲職人」。神戸セレクションに5期続けて認定されるなど、神戸っ子の高い支持を得ています。

86年という歴史あるコーヒーを、「コッペパン」という古くて新しい形で楽しむことができる「コッペパン ~神戸珈琲職人のコーヒー~」。コッペパン好きのあなたにも、コーヒー好きのあなたにもおすすめしたい“口福”な商品です。(レタスクラブニュース)

https://www.lettuceclub.net/news/article/135892/

あなたにおすすめ