【イタすぎるセレブ達・番外編】ローズ・マッゴーワン 元マネージャーの自殺を受け沈黙破る

1997年のこと、サンダンス映画祭に参加した際に「映画プロデューサーのハーヴェイ・ワインスタインより性的暴行を受けた」と主張している女優ローズ・マッゴーワン。彼女はその後、示談金を受け取ったとされるが、昨年ハリウッド映画業界にはびこるセクハラ問題につき被害者らが声をあげ始め、ローズもワインスタインの蛮行をおおいに批判し今に至る。そんな中、セクハラがあったとされる時期にローズを担当していたマネージャーがまさかの自殺―これを受け、ローズがインスタグラムにメッセージをアップした。

ハーヴェイ・ワインスタインによる性的暴行を受けたというローズ・マッゴーワンのマネージャーを務めていた女性ジル・メシックさん(Jill Messick)が先日、騒動に巻き込まれたことを苦にし自殺した。「ローズはワインスタイン氏とホットバスにはいることに同意していました」「しかしローズはそれを悔いているのです」と書かれたジルさんからのメールをワインスタイン側が同意を得ることもなく公表したこと、またローズも「マネジメント側のサポートが少なかった」「事件後にマネージャーがワインスタイン側の仕事をゲットし何年も働いた」と明かしジルさんを暗に責めたこと、そしてメディアがジルさんを巻き込む情報を垂れ流したことを遺族は責めており、問題の根深さが改めて浮き彫りとなった。

そんな中、ローズはインスタグラムを更新。このように綴った。

「ジルへ:あなたのご家族が、この悲しみの中、いくらかでも慰められることを願っています。あの男がこんなにもダメージをもたらすなんて、驚くばかりなの。でも悲しいことにこれが現実なのよ。あの悪い男が私とあなたをこんな目にあわせたの。星々の世界で、あなたが平和を見出しますように。星たちと共に、平穏を見出すよう祈っています。」

しかしジルさんの自殺によりローズに対する批判の声が噴出し、インスタグラムには以下のようなコメントが溢れかえっている。

「ハリウッドがそんなに酷い場所なら、どうして去らなかったのか。」

「ローズ、あなたは自分で最悪な選択をしてきたの。あなたは酷い人間だと思う。」

「自分の本を売りたいがために、注目を集めたかったのでしょう。だからくだらない嘘に彼女を巻き込んで死なせてしまったの。」

自身の行動には触れず、全てをワインスタインのせいにしたローズ。しかしジルさんの死により、「セクハラ行為をした」とされる男性達が一方的に糾弾する流れに、少し変化が生じてきたようだ。「同意ゼロ」の無理強いは強姦で決して許されるべきではない犯罪行為なのだが、互いの同意があった、または冤罪というケースも皆無ではない。いずれにせよ、セクハラ・強姦とは全く関係のなかったジルさんがスキャンダルを苦に死を選んだことは、残念の一言に尽きる。

画像は『Rose McGowan 2017年11月8日付Instagram「Brave is now AVAILABLE for pre-order on RoseMcGowan.com Link in bio.」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

あなたにおすすめ