スピード感が大事!引越しのエキスパートが教える「仕分け術」【転勤族トノエルの整理収納×ひっこし】

日刊Sumai

2018/2/12 21:30



8年間で8回の引越しをしてきた、整理収納アドバイザーのトノエルです。
この連載では、転勤族の筆者がたどり着いた、引越しの方法をご紹介します。
前回は「step2 整理する」前編として、「整理のきほん」を学んで、整理の基準を決めました。
今回は後編、実際に整理の作業手順をご紹介します。
「step2 整理する」は全体図の中では、上から2番目にあります(上の写真参照)。
今回は、ここに取り組んでいきます。
引越しのご予定がある方だけでなく、引越ししたくらいの気分でゼロベースから家の中のことを見直したい方にも参考にしていたける内容ですので、よろしければご覧ください。

モノの仕分け方を再確認!決めた整理の基準で仕分けていく

  1. 家にあるモノのジャンルを、ふせんに書き出す
  2. どんなモノが必要なのか、決める
  3. 決めた基準にそって、モノを仕分ける
モノの仕分けは、このような手順でやっていきます。
前回は1と2のやり方をご紹介しました。
今回は3について、ご説明します。
言うは易しですが、3の作業は根気のいる作業で、引越し準備のなかでも一番時間がかかることになるかもしれません。

決めた基準にそって、モノを仕分ける

整理の基準を決めたら、あとは実行あるのみ。
  1. 種類ごとに全部出す
  2. 仕分ける
  3. 必要なモノだけ元に戻す
という、この3つの作業を延々とやっていきます。
何から手を付けていいのかわからない場合は、「思い入れの少ないモノ」や「必要になったらまた買えるモノ」から取り掛かるのがよいようです。
「すぐに処分するのが不安なモノ」は、一度別の箱にでも入れて寝かせておきます。
引越し後、しばらく生活してみて、やっぱりいらないとなったら処分します。


筆者は整理の基準に沿って、キッチンツールを仕分けしてみました。
わざわざ並べる必要はないですが、「捨てるモノを探す」より、こんなふうに「仕分ける」と本当に必要なモノが見えてくる気がします。
ポイントは、ちゃっちゃとすること。
家にあるモノの量は膨大なので、ものすごいやる気と時間がある方以外は、スピード感をもって整理作業をしていくことをオススメします。


Caito / PIXTA(ピクスタ)
いかがでしたか?
整理の方法を書き出していたら、とても長い記事になってしまったので、「step2 整理する」は前編・後編の2回に分けてご紹介しました。
持ちモノの整理は引越しの成功を左右する重要な部分。
時間をかけてじっくり行うと効果的です。
だけど、ただでさえ忙しい引越しの時期。
筆者も、その大変さは身に染みております。
だからこそ、やらなければならないことを増やして、みなさんを苦しめたくはありません。
ここで紹介した整理の方法は、あくまで一つの例。
たくさん引越しを経験してきた筆者がたどりついた、暮らしやすい部屋づくりのための筆者なりの方法です。
この手順をヒントにして、時間や体力的に無理のない範囲で、取り組んでもらえると、うれしいです。


Graphs / PIXTA(ピクスタ)
今回は「step2 整理する」後編として、実際に整理の作業を行いました。
次回は「step3 収納プラン」。
新居の家具の配置や収納方法を決めていく方法をご紹介します。
丁寧な暮らしや、持ちモノひとつひとつ大切に扱う生活に憧れはあっても。
引越し作業に追われていると、そんな生活をし続けるのは難しいですよね。
「モノを大切にする」いうことは、ちゃんと使うということ。
まずは、身の回りにあるモノをちゃんと使えるだけにしてみるのもいいかもしれませんね。
このシリーズが、あなたや家族にとって、暮らしやすい部屋をつくるためのヒントにしてもらえるとうれしいです。
「丁寧っぽい暮らし」をめざす、トノエルでした。

これまでの記事をよむ 「転勤族トノエルの整理収納×ひっこし」
・序章:「5ステップでできる!引越してすぐ暮らしやすい部屋にする方法」
・step1:考える 「モヤっと正常化シート」「理想のタイムスケジュール」を書き出してみよう!」
・step2:整理する 「8年間で8回の引越しをしてわかった「整理のきほん」って?」

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス