あすの通勤 太平洋側も積雪・凍結注意

日直予報士

2018/2/12 18:35

あす(13日)も強烈な寒気の影響で日本海側は雪で、大雪による交通障害に警戒。太平洋側も断続的に雪雲が流れ込み、積雪注意。あす(13日)の朝も広く冷え込みが強まり、北から西までほぼ氷点下に。路面の凍結にも注意を。

●◆肘折で今季初の4メートル超の積雪、南国「高知」も積雪

きょう(12日)も強烈な寒気の影響で、日本海側は広く雪が降り、大雪となっています。山形県大蔵村の肘折では積雪が全国のアメダスで今季初めて4メートルを超えました。積雪が4メートルを超えるのは全国でも4年ぶりのことです。また、雪雲は太平洋側や九州にも流れ込み、奈良や福岡などでも積雪となりました。高知でも一時2センチの積雪を観測。高知で1センチ以上の積雪を観測するのは11年ぶりのことです。

●◆雪続き 冷え込む朝

あす(13日)にかけても強烈な寒気が居座るでしょう。日本海側は広く雪が降りそうです。特に日本海で風がぶつかって発達した雪雲の流れ込む北陸地方を中心に雪の降り方が強く、さらに積雪が増えそうです。大雪による交通障害に警戒が必要です。

日本海側だけではなく、東北や東海以西の太平洋側にもあす(13日)の午前中にかけて、断続的に雪雲が流れ込むでしょう。平地でも所々で積雪となりそうです。冷え込みも強まるため、路面の凍結する所もあるでしょう。あす朝の通勤は時間に余裕を持った行動を心掛けたが良さそうです。

雪雲が山にブロックされる関東も冷え込みは強烈です。あす(13日)朝は東京も含め広く氷点下の冷え込みになるでしょう。内陸を中心に氷点下4度以下と水道が凍結するような冷え込みとなりそうです。「低温注意報」の出されている所もあります。水道管の凍結や破裂に注意して下さい。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス