最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

起業家「ミスiD」栄藤仁美の仕事術――何気ない日常会話から何かを生み出していく

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


アイドル発掘オーディション「ミスiD 2017」で安藤美冬賞を受賞したのは、バリバリのビジネスウーマンだった。京都の花街で、老舗お茶屋の跡取りとして生まれた栄藤仁美は、16歳で突如舞妓さんになる道を絶たれる。中卒のままレコード会社で働く傍らに起業をして、さまざまなビジネスに着手。

17歳で3000万円の借金を背負うが数年で完済し、現在は飲食業を経営する傍ら、「東京ガールズコレクション」や、日本初のゲーム音楽プロオーケストラ「JAGMO」のプロデュースなどを手がけていた。

前編では生い立ちからこれまでの変遷を聞いたが、後編では若くして成功できた秘訣や、ビジネススキルの高め方について、若手サラリーマン向けのアドバイスをもらった。

――一度は挫折をしたとはいえ、17歳での起業や、有名イベントのプロデュースまで、若くして大活躍されています。ご自分の強みはどこだと考えていますか?

栄藤仁美(以下、栄藤):正直、コミュニケーション能力の高さだけで、なんとかここまでやってこれたんじゃないかと思ってます。本当は、人見知りで根暗なんです(笑)。でも、やっぱり客商売の家で生まれ育ったことは大きいと思いますね。周りの舞妓さんや、お客さんたちの振る舞いから、子どものころからずっと見てきたので。

――政財界の大物や人気の役者など、幼少期からさまざまなエグゼクティブと接することで、自然と身についたことでもあるんでしょうか?

栄藤:それもありますね。世の中のトップの方々を見ていて、すごいと思ったのは“金持ちケンカせず”っていう姿勢が共通しているんです。自分のプライドよりも大切なものがあるということを理解しているというか。

損得勘定だけを考えるのではなく、「誰かを助けることで、いまは損したとしても、どこかで絶対に自分に戻ってくる」ということを、みなさん理解されているんだなと感じて。

私が見てきたお客様たちは、極論、何十億とかヘタしたら株価が変わるような契約のお話をしていたと思うんですけど。仮に一時的に損をするとしても、お世話になった人が困っているときに助けることで、10年後にまた息を吹き返したときにちゃんと戻ってくればいい。みなさん、そういう振る舞いを自然にされていたんです。

――前編で語っていた、東京ガールズコレクションで、若い女の子向けに安くて、利幅が少ない商品で訴求することで、将来のファンを育てるのも、その振る舞いのひとつですね。

栄藤:そうですね。バーを開いたときにも、その場で多くお支払いただくよりも、「お店にまた来たい」と思っていただくことを目標としていたんです。1日で数十万円払っていただくことよりも、毎週来たいと思ってもらえるように、何ができるかを考える。そういった姿勢が重要だ、ということを学ばせていただいたんだと思います。

――そういった心構えを含めて「コミュニケーション能力」というわけですね。上司や取引先の偉い人など、エグゼクティブとコミュニケーションを取る際に、心がけるべきことはありますか?

栄藤:自分から、あえて懐にツッコんで行くことだと思います。どんな偉い人でも同じ人間なので、こっちが「偉い人だから……」「怒られたらイヤだな」って距離を空けちゃうと、相手も同じだけ距離を空けてくるんですよ。

気軽に話してみれば、実は周りがイエスマンばっかりの場合もあって、わりと歓迎されることが多いと思います。名刺なんて、たくさんもらうから、印象に残るかどうかが勝負。

そんな突飛なことを言う必要はなくて、「若いのに元気」とか、そんなことでもいいと思うんです。「ああ、あの面白かった子か」「また会ってもいいかな」って思われたらラッキー、くらいの感じでいいと思います。

――仕事で会った人のなかで、コミュニケーション能力が高いと感じた人はいますか?

栄藤:「東京ガールズコレクション」でお会いした、モデルの土屋アンナさんは、スゴいと思いましたね。ものすごいサバサバしながらも、気を遣う丁寧な方で。一見、そんなイメージがなかったので、ギャップ感って大事だなと思いました。

実業界では、元LINE社長の森川亮さん。本当にきさくで、お会いして驚きました。最初お名刺をいただいたとき驚きました。あと元ピーチ・ジョンの野口美佳さん。野口さんはなにをしても女前。かっこよすぎて今も憧れです。やっぱり、コミュニケーションって入りが重要なので、偉そうにしちゃうと、人との距離が空いちゃう。

アイドル・モデルだけじゃなくて、伝統芸や実業界でも、能力が高くて売れてる人ほど、コミュニケーションに気を遣っていらっしゃるという点は共通していると思います。

――しかし、名前を出せない人がほとんどですが、幼少期からすごい人とばかり触れ合ってきたようで、驚きです。

栄藤:よく考えたら、そうかもしれませんね。昔から、身近なお兄さんが(片岡)孝太郎さんや愛之助さんで、将来のことを含めていろんな相談をしてました。もっと小さい頃には現・中村芝翫さんであったり。

ほかにも、よく楽屋に遊びにいってお菓子をねだっていたのが、そういえば人間国宝だった、みたいな(笑)。恵まれた環境だったと思います。

――栄藤さんは生まれ育った環境が特殊なので、コミュニケーション能力について、なかなか真似しづらそうなのですが……普通の人でもマネができるようなビジネススキルの高め方はありますか?

栄藤:何かのプロジェクトを進めるときに、昔の知り合いがその業界で働いてることがあると思うんですよ。「ああ、大学の同級生が、高校の友達が同じ業界で働いてたかな……」ってことを思い出して、連絡をしてみるのはオススメです。

これ、意外とやらない人が多いんです。きっと、そこまでやらないで「ダメでした」って報告するのがラクなんですよね。でも、久しぶりでも、そこまで仲良くなかったとしても、声をかけてみることで新しい発見があったり、また別のビジネスのチャンスになったり……。いろんなきっかけが落ちている。灯台下暗しなんです。

たまにFacebookを見て、「あの子、こんな会社にいるんだ」とかありますよね。もし狙っている会社にいるんだったら、相談してみる。クリティカルに関連部署の勤務じゃなくても、同期を紹介してもらうとか。

「メシでもおごるから、相談できないかな?」くらいのところから、また新しく交友関係が生まれて、広がっていくのかな、と。

――そこまで難しくないけど、意外と誰もやらないことが狙い目だと。

栄藤:ほかにも、社交辞令で「ご飯に行きましょう」って言うのに、行かない人が多いじゃないですか。私、必ず行くんですよ。すぐにメールして「◯月◯日、×月×日、ご都合いかがですか?」って聞くと、意外と読み流せなくなるので。

それで付き合いが始まったら、一緒にご飯を食べてる間に、その場で次の約束をしちゃうんです。そうやって3年以上続いている会もあって、いまでは50人くらい来るようになりました(笑)。

――そうやって横のつながりも増えていくんですね。

栄藤:一人の人と何かを始めると、どんどん仲間が増えて広がって行くんですよ。たとえば、何年も付き合いのある飲み友達と他愛もない話をしていたときに、ふと「いま、CMをやってるけど、来年はどうするの?」って聞いたんです。

そしたら、「そろそろ変えようかな」っていうので、「ウチにやらせてくれないか」って聞いたら、「いいよ」ってパッと決まったことがあって。東京ガールズコレクションのステージと連動するような企画にして、その場で一緒に飲んでた人たちも、巻き込んで行って…。

ただ、友だち同士で仕事をすると付き合いづらくなるかな、と思って他の人に任せたりして(笑)。何気ない日常会話が、何かを生み出すことがどんどん起こるんです。

――信頼する仲間が、さらにその仲間を連れてくることもあるのでしょうか?

栄藤:たくさんありますね。ビジネスですぐに得をする相手じゃなくても、数年後には大きな仕事をしてる、とかそういう例がいくらでもあるので。

――幼少期から、身近に見ていたエグゼクティブたちも、色んな人を紹介しあって、つながりを広げていたのでしょうか。

栄藤:そうですね。どんな人を引き合わせて、こんな新しいことをやったら面白いんじゃないか? ということにだけは、鼻が利くんです。ただ、「こんな儲け話がありますよ」っていう出会いだと、ビジネスが上手く行かなかったときに、付き合いがなくなっちゃう。

そうじゃなくて、「次のランチ、〇〇さんも呼んでいですか?」ってライトに聞いて見るんです。「〇〇さんはこんなことをやっているので、これを合わせたら、面白いことができるんじゃないですか?」という感じで。

あくまでビジネスだけではない、というか。そういった出会いの作り方は、小さい頃からずっと勉強させてもらっていたと思います。

――最後に、挫折の話をお聞きします。16歳で、ずっと目標としていた舞妓への道が絶たれたのは、大きな出来事だったと思います。世の中でも、就職活動などで望んだ業界に行けなかった人も多いですが、どうやって克服したのでしょうか?

栄藤:正直、かなり長いことひきずりましたね。生まれてからずっと、自分は舞妓になって跡を継ぐとばかり思っていたので。今となっては「色んなことにチャレンジできてよかった」とも思えるんですが、23歳くらいまでは、なかなか……。

ただ、挫折して引きこもるのは簡単だけど、やり直そうと思ったらひとつでもいいから、「自分が何か成し遂げた」というベースがないと難しい。レコード会社から声をかけてもらったので、そこでがんばるしかない、と考えていました。

あとは、人生のハシゴを外した母に対して「絶対にアンタには負けない!」、「何かで成功してやる!」っていう気持ちも芽生えました(笑)。

――では、望んだ業界でなくとも、まずは成功体験を作ることが重要ということですね。

栄藤:私の場合は、そうでしたね。あとは、そもそも自分のやりたいことと、向いていることって違うと思うんですよ。私の母は舞妓さんとして芸の道でも大成しているんですが、もし私が舞妓さんになったとしても、そこまでのレベルまで行けたかというと、疑問を持っていて。

もしかすると、今のように、新しいことにチャレンジしながら、花街の魅力を多くの方に伝えることの方が、向いているかもしれないんです。

自分が何に向いているかは、意外と自分ではわかっていないことがあるので、他人の意見を聞いたり、ご縁を大切にしながら、そのときに出来ることをやっていくしかないんじゃないかな、と思います。

<取材・文/森祐介 撮影/林紘輝(本誌)>

【栄藤仁美】

1989年、京都生まれ。京都の花街で、老舗お茶屋の跡取りとして生まれるも、舞妓になる道を絶たれ、起業。17歳で3000万円の借金を背負うが数年で完済。現在は飲食業を経営する傍ら、「東京ガールズコレクション」や、日本初のゲーム音楽プロオーケストラ「JAGMO」のプロデュースなどを手がけていた。「ミスiD 2017」では安藤美冬賞を受賞


外部リンク(日刊SPA!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス