有吉弘行、国生さゆりのテンション落ち気味の恋愛トークに「達観するのやめて」


2月10日放送の「有吉反省会」(日本テレビ系)に女優でタレントの国生さゆりが出演。国生は「気ままな独身生活をエンジョイするつもりが、暇を持てあましてスマホで動画編集ばかりしている」と反省し、テンションが下がり気味の近況を語った。

国生「もう自分が淋しくなるようなことしない」


番組冒頭では、国生が編集したというスマホ動画3作が紹介された。画面に流れたのは黙々と食す孤独なランチ、田園が続く車窓風景、土付きネギのオーバーラップと、どれも芸能人オーラのない地味な映像。BGMには国生のお気に入りという独特な哀愁に満ちた曲がチョイスされ、キラキラ感ゼロの作品に仕上がっていた。動画アップ先での平均再生回数は8回だという。

これに、有吉弘行が「(編集は)いつからですか?」と尋ねると国生は「ここ最近1年くらいでしょうか」と静かな口調。有吉が「今はバイオリズム的には下がってる時なんですか?国生さんの場合コレ(上がり下がり)が激しいから」と問いかけると、国生が「今ちょっと1人で自分と向き合う時間」と答え、有吉は「こっち(下降)の方ね」と納得した。

国生が「最近51歳になったんですけど、もうあんまり頑張らなくていいんじゃない?って(思っている)。私やります!とか、そういうの一時的なもので誰も覚えちゃいないなと思う」と話すと、有吉は「そういうのってダサいよね!」と同調してスタジオを笑わせた。

次に国生は「いろんな役やりたいじゃないですか」と女優としての志に触れ、「昔アイドルやってた時に、この番組はこういう感じ、この(別の)番組はこういう感じ(とイメージを)自分で決めてやってたんですけど、(観た人は)あれが私の全体であって(表現の)一部とは思わないんだなって思った時にすごく怖くなったんですよ」と胸の内を語った。

また、大久保佳代子が「男の方はどうですか?」と問うと「もういいでしょうっていう感があります」と国生。「今はでしょ?」という有吉に国生が「もう自分が淋しくなるようなことはしない方がいいと思って」と話すと、有吉は「達観するのやめて~」と笑いを誘っていた。

(Yomerumoバラエティニュース編集部)

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス