メーガンさんに意外な過去 人気ドラマのエッチな役やトーク番組での職探しも

『新ビバリーヒルズ青春白書(原題:90210)』に出演した女優アナリン・マッコードがこのほど人気番組に出演し、英ヘンリー王子との挙式を春に控えるメーガン・マークルさんの同ドラマ出演を回顧。「また余計なことを…」と王室ファンからは冷ややかな声もあがっている。

このほど毒舌が人気のウェンディ・ウィリアムズの番組にアナリン・マッコードが登場し、メーガン・マークルさんが『新ビバリーヒルズ青春白書』に“ちょっとエッチなチョイ役”で出演した日をこう振り返った。

「メーガンさんは、私の恋人が浮気する相手役を演じたの。アニー・ウィルソンを演じたシェネイ・グライムスが、車の中にいる彼を見かけて『Hi!』って声をかけるんだけどね。その時メーガンさんが(オーラルセックスをやめて)顔を上げるってシーンなの。」

このドラマ撮影があったのは、今から10年ほど前のこと。当然「いつの日か英王子の婚約者になる」とは思っていたはずもなく役選びにこだわりは無かったのだろうが、エリザベス女王が観たら腰を抜かしそうなシーンであることは言うまでもない。ちなみにメーガンさんは大変シッカリした女性で、仕事探しには余念がなかったもよう。ウェンディの番組にも「使ってもらえないか」と交渉にきたことがあるとして、ウェンディはこう暴露している。

「そう、彼女(メーガンさん)はここの仕事にも応募したの。」

「やり手だわ。その点は尊敬しちゃう。何をするか分からない人物でもあるわ。」

「でも本当にここに来たのよ。何か仕事ができないかってね。DNAだって残っているはずよ。」

しかし多くの役者が苦労して有名になるのは言うまでもなく、メーガンさんも女優と懸命に仕事をして『SUITS/スーツ』に主要レギュラーとして出演するほどの成果を残したのだ。今後はショービスの世界を離れ、王子の妻として英国民のために尽くすというメーガンさん。彼女のやる気とバイタリティを生かし、王室の一員として大活躍してくれることは間違いない。

画像は『Kensington Palace 2017年12月2日付Instagram「Prince Harry and Ms. Meghan Markle arrive in Nottingham for their first official visit together since announcing their engagement.」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

あなたにおすすめ