最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

Gカップグラドル・葉加瀬マイ、ネットで誹謗中傷被害 ヤバすぎる犯人の正体

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 9日「必殺!バカリズム地獄」(AbemaTV)が放送された。世にあふれる“鬼ギレ”の声に耳を貸し、悪行を働く不届き者たちをバカリズムがイラストによって地獄に送るという、ストレス解消系バラエティ番組だ。

 今回は「匿名で悪口言ってくる奴を地獄に落としてください」という街の声を紹介。その女性は、最近若者の間で流行っている匿名メッセージアプリ「Sarahah(サラハ)」による誹謗中傷に腹を立てているようだ。

スタジオではSNSに関する話となり、バカリズムは「普通にすぐブロックするから」「キツいこと言われてなくても、ちょっとでも『違うな』と思ったらブロック」と、独自の基準で積極的に相手をシャットアウトしていることを明かす。

すると葉加瀬マイが、デビューしたばかりの時期に毎日書いていたブログで「毎回いつも同じ人がすっごいアンチコメントを書いてきて」と、誹謗中傷の被害にあっていたことを告白。「お前、その腹で水着着るのかよ」「ブス」といった言葉をいちいち皮肉を込め、毎日のように書かれたという。

しかし、葉加瀬はコメントから「若干、私のこと知ってそうな雰囲気」と感じ取ったそうで、ネットに詳しい人物に犯人について「突き止められるのかな?」と相談したところ、対応してくれることに。実はその頃、葉加瀬を口説いてきている男性がおり、アンチコメントについて「今度、突き止めてもらうんだ」と話したところ「ごめん、それ俺」と自白してきたんだとか。この意外な展開にバカリズムは、思わず「えー!」と声を上げた。

「ドン引きしちゃって」と振り返る葉加瀬は「『応援してます』とか良いこと書いてくれればいいのに、本当にストレス受けるくらいの酷いこと書かれてて」と憤ると、手島優は「ヤキモチ。グラビア辞めさせようとしたんですよ、病ませて」と推理して、男性について「ヤバい奴だよ」と断言した。

独占欲をこじらせた末の迷惑行動だったようだが、手島は「その人、一途だよ。その人にしたら?」と、なぜか手のひらを返して交際を勧めてきたが、さすがに葉加瀬は「やだやだやだやだ! 怖い怖い!」と思いっきり拒否反応を示していた。

(c)AbemaTV


外部リンク(AbemaTIMES)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス