今年注目!バレンタインの新常識「ギャレンタイン」って何?

It Mama

2018/2/12 11:45

photo by author

いよいよ今年もやってきました、バレンタインシーズン!

恋人がいる方は気合いを入れるイベントですが、夫婦になってからは手作りチョコを渡してもリアクションが薄かったり、夫が貰う会社での義理チョコ習慣に困ったり……という声も良く聞きます。

そんな迷うことも多いバレンタインですが、今年は新たな言葉「ギャレンタイン」が流行しているんだとか!?

その注目のワケに迫ってきましたのでご紹介します。


▼バレンタインの新常識!? 「ギャレンタイン」とは

photo by author

日本では聞き慣れない「ギャレンタイン」という言葉ですが、実は今海外で流行しているワードなんだとか!

意味は、「女の子だけでもバレンタインを楽しもう!」ということなんだとか!

その語源はアメリカで放送されていた海外ドラマ『Parks and Recreation(パークス・アンド・レクリエーション)』の中で、主人公がバレンタイン前日に失恋した親友のため、開いたパーティーから来ているそう。

“GIRL(女の子)×VALENTINE(バレンタイン)”を合わせて、「ギャレンタイン」という言葉が生まれ、流行しているんです。

関連記事: バレンタインの友チョコも!注意しておきたい「食物アレルギー」

▼大人気の「GODIVA」も今年はギャレンタインに注目!

photo by author

バレンタインに一番贈りたいチョコレートブランド(※1)として人気の『GODIVA(ゴディバ)』でも、今年は「#ゴディバでギャレンタイン」というキャンペーンを実地していました(キャンペーンは1/31で終了)。

このキャンペーンは、TwitterまたはInstagramでゴディバのチョコレート写真を「#ゴディバでギャレンタイン」タグ付きで投稿。

当選者に、「ヒルトン東京」をはじめとした全国のラグジュアリーホテルにバレンタイン前日から女友だち3名で宿泊出来る“ギャレンタインルームプレゼント”というもの。

ゴディバでは『あげるって、たのしい。』をコンセプトに、もっと自由にバレンタインデーを楽しもうという気持ちから、最近では『義理チョコはやめよう』と提唱していることがニュースでも話題になっています。

関連記事: 実は待ってた?初めての「チョコなしバレンタイン」パパの反応

▼今期気になる「GODIVA」のチョコレート

「ジュエリー ハートボックス」

photo by author

ジュエリーをイメージしたチョコレートが入ったハート型ボックスは、バレンタインの贈りものにぴったり。バレンタイン限定チョコレートと定番チョコレートが入っています。

カラフルで華やかなので、一粒ずつ大切な人たちと分け合いたくなるようなボックスです。

「ベルジアン フェイバリット アソートメント」

photo by author

一粒ずつしっかり味わいたい本物志向な人におすすめなのがこちらのアソートメント。

ゴディバ発祥のベルギーで長く愛されるチョコレートや、バレンタイン限定チョコレートが詰め込まれています。重厚感あるラグジュアリーなパッケージで、自分へのご褒美にもぴったり?

“友チョコ”“自分チョコ”なんてワードもこれまで話題になり、バレンタインは本来一体どういうもの? と疑問に思っている人もいるかもしれません。

しかし筆者は、バレンタインが自分や大切な人たちと甘く楽しい時間を過ごせる時間として、年に一回でもダイエットや日々の忙しさを忘れて自由に楽しめる日となれば良いなと思います。

【参考・画像】
※ ライバルに差をつけよう!バレンタインチョコの2018年流行・トレンド – レッツエンジョイ東京
※ GODIVA
※ 著者撮影

あなたにおすすめ