魔性の女健在⁉葉月里緒奈の意味不明な三角関係

まいじつ

2018/2/12 10:30


(C)まいじつ

2004年に結婚した不動産会社御曹司の夫と昨年5月に離婚し、娘を残して家を出たことが判明した葉月里緒奈。かつて“魔性の女”と呼ばれた彼女が最近また新たな展開を見せている。

「昨年、離婚が分かった時点で新たな恋人の存在が明らかになっていました。その人物はジュエリーの卸販売などを手がける会社の社長で、会社の年商は約5億円といいます。ところが最近、その男性と東京都港区内のタワーマンションで暮らしていた葉月がそこを出て、元夫と娘の住む豪邸に戻って暮らしているというのです」(芸能ライター)

元夫と復縁したということかと思いきや、そうではないらしい。

女性週刊誌の直撃を受けた葉月は、元夫とよりを戻したのかという質問にこう答えている。

「お互い、娘の父親、母親という役割を担っていますけど、3人で一緒に出かけたりすることはありませんし、食事を一緒にとることもありません」

さらに新恋人とは別れたのかと聞かれると、「おつきあいは続いています。むしろちょっと前に籍を入れようかという話にもなったんですけど、まだもう少しだけ様子を見てっていう感じなんです。この先どうなるかはわかりません」と明かしていた。

どうやら新しい恋人との交際は続いており、結婚も視野に入れているが、復縁の意思のない元夫の家に住んでいるということらしい。

娘のために元夫の家に戻る


「実は離婚後もずっと元夫の家に同居していて、昨年の一時期だけ新恋人の家に移ったものの、娘の食事をつくりに元夫の家に通っていたそうです。しかし、移動も大変なので再び元夫の家に戻ったというのが真相のようです」(前出・ライター)

かつて真田広之やイチローと浮き名を流し、1998年に1度目の結婚をしたハワイ在住のすし職人とわずか2カ月で離婚するなど、ワイドショーを騒がせた葉月。奔放さは相変わらずで“魔性の女”は健在といったところか。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス