最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

「がんと長寿」知られざる最新知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 言うまでもなく、がんは国民病。1980年には、日本人の死因のトップになり、以来、不動の1位。今や2人に1人ががんになり、3人に1人はがんで命を落とす時代である。どう生き抜くのがベストか?

■星野仙一氏や小林麻央さんもがんで… 膵臓がんは怖い――多くの人々が戦慄した訃報が、新年早々の日本列島に轟いた。「まず1月4日、“闘将”星野仙一氏が闘病の末、逝去(享年70)。続く22日には、“一本足打法”で活躍した元西武・片平晋作氏が亡くなりました(享年68)」(スポーツ紙記者)

2人の死因は、ともに膵臓がん。がん専門医として40年以上も研究と治療をし、約20年前から漢方薬で補完・代替医療をも行う『銀座東京クリニック』の福田一典院長は、「膵臓がんは、再発や転移が多く、治療も非常に難しいがんなんです」と言い、こう続ける。「膵臓がんは早期発見が難しく、発見したときは、ステージがかなり進んでいるケースが多いんです。また、膵臓は、肝臓などの内臓に近接しているため、がんが播種しやすい。また、膵臓が分泌するホルモン(インスリン)が血液に乗って体内を巡るため、がん細胞が全身に拡散されやすいんです」

事実、星野氏は2016年7月に膵臓がんが見つかり、1年半で永眠。片平氏は昨年11月にがんが発見され、3か月後に旅立った。この1~2年、北の湖敏満、今いくよ、川島なお美、今井雅之、小林麻央と、数多くの著名人の命を奪ってきた「がん」。早死にを避けるべく、「がんと長寿」を徹底取材すると、知られざる最新豆知識がいくつも出てくる。

■ストレスは万病の元 まずは予防策。働き盛りの男たちには目をそむけたい現実が、去る1月20日、『国立がん研究センター』より発表された。端的に言えば、“ストレスは、がんにとって最悪”ということ。「発表されたのは、“ストレスを少なくすることが、がんのリスクを下げる”という研究成果です。40~69歳の約7万人を対象に、ストレスの多さと、がんの罹患率の相関関係が調べられました。ストレスが“多い”という被験者は、“少ない”という被験者に比べ、がんのリスクが、男は1.2倍、女は1.07倍となっていました」(全国紙文化部記者)

さらに、“ストレスは、特に肝臓や前立腺のがんのリスクを高める”とも断言。ストレスは万病の元というが、がんにもしかりなのだ。

■酒やタバコに要注意 だからといって、ストレスのはけ口に“酒”に頼り過ぎるのは御法度だ。「今年1月、がんと酒のリスクについて、ケンブリッジ大学(イギリス)の研究チームは、科学誌『ネイチャー』に発表しました。アルコールを分解する過程でできる『アセトアルデヒド』がDNA(遺伝子)を損傷し、これが口腔がん、咽頭がん、食道がん、乳がん、肝臓がん、大腸がんなどを誘発するというんです」(前同)

アルコールはむろんのこと、刺激物の摂り過ぎは、がんの大敵のようで、「塩分は“胃がん”、熱すぎる食事は“食道がん”などを誘発。また、ご存じのように、タバコは肺がんの原因になります。刺激が強すぎるものを、日常的に摂取すれば、がんの引き金になりえます。節制することが、がん予防の第一歩でしょうね」(前出の福田院長) せっせと節制するしかないのか……。

■治療法が驚愕の進歩! だが、朗報もある。現在、がんの治療法は驚くほど進歩しているのだ。「最近は“ナノテク”、“コンピュータ解析”、“ケミカル技術”がより確かなものになり、回復を諦めていた多くの患者が助かっています」(医療ライター)

さらに、注目の新しい治療法もあるという。「アメリカ国立衛生研究所の主任研究員である小林久隆氏が開発した“近赤外線”によるがん治療です。今年3月から日本でも臨床試験がスタートします」

こう解説するのは、医療経済ジャーナリストの室井一辰氏。これは“光免疫療法”といわれるものだ。「がん細胞の壁は、厚くて固い。その壁を破るため、爆発力のある化学物質と、近赤外線を利用した治療法で、なんと、ものの1分間でがん細胞を破壊できるんです」(医療ライター)

アメリカの例では、手術や放射線で治らなかった首や舌などの“頭頸部がん”の患者8人のうち7人で、がんが縮小。うち3人は、がんが消滅したという。「近赤外線といっても、テレビのリモコンに使われる電磁波と同じもの。安全なんです。加えて、患者自身の抗体をそのまま使うため、副作用も少なく、斬新ながん治療法と専門家の間でも評価されています」(前同)

これだけではない。摘出手術、放射線、抗がん剤が3本柱のがん治療。これを、より効率的にする“がんゲノム医療”も、今年から一般化され、希望者の列は絶えないという。医療ジャーナリストの牧潤二氏が言う。「“がんゲノム医療”は、患者の遺伝子情報を調べ、その人に適した治療法や薬を選択するものです。遺伝子検査は、すでに一部の医療機関でスタート。加えて厚労省は、この3月までに、この“がんゲノム医療”を始動させ、全国の100施設程度にまで広げる予定です。有効性などを確かめたうえで、今年中にも、保険診療で受診できるよう、制度を整備する予定だといいます」

夢の“ゲノム医療”実現は、もう眼前にあるのだ。前出の室井氏もこう続ける。「抗がん剤の効果や副作用は、患者ごとに差が大きい。遺伝子検査による“プレシジョン・メディシン(精密医療)”は、医療の質を上げる意味でも、大きいと思います」

もう一つ、画期的な治療薬が、新たに保険適用薬として認められた。それが免疫チェックポイント阻害薬の『ニボルマブ』(商品名=オプジーボ)。京都大学医学部の本庶佑博士が開発を主導し、小野薬品が製造販売していた薬で、今までの抗がん剤とは違う発想で作られたという。「がん細胞は、普通の正常な細胞のフリをする。これが厄介で、抗がん剤も騙されてしまい、がん細胞をなかなか退治できません。『ニボルマブ』は、がん細胞のこの“偽装”を抑制するように働く。そして、自身の免疫システムで、がん細胞を攻撃して死滅させるため、副作用も少なく、画期的な薬なんだそうです」(前出の医療ライター)

ありがたい話だが、問題は値段の高さ。なんと、年間1700万円かかる“高級薬”だ。「現状では、悪性黒色腫(メラノーマ=皮膚がん)や、ある種の肺がんにしか保険適用されていません。今後、腎臓がんなどにも適用されることが期待されています」(前同)

とはいえ、同様の抗がん薬『キイトルーダ』の登場に加え、厚労省からの「値下げせよ」というお達しもあるため、価格の低下は期待できる。

さらに、先頃、スイスの製薬大手のノバルティス社の新薬も、アメリカで認可されたことが話題だ。その名も『キムリア』。最新の遺伝子技術が駆使されている。「これは、急性リンパ性の白血病に効くもの。臨床試験では、83%の確率で効果を示しました」(前出の全国紙文化部記者)

これもやはり金額の高さが懸念材料だが、その価格は聞いてびっくり!「『キムリア』はケタが違う。1回で約5000万円に設定されています」(前同)

■漢方生薬も延命につながる こうした最先端の治療薬が注目される一方、東洋医学、すなわち漢方生薬も頼もしい存在として、今また、もてはやされている。「放射線や抗がん剤での治療をすると、がん細胞は縮小しますが、体は弱りがち。その結果、病状が悪化しかねません。抗がん剤による体力低下は四君子湯、免疫力増強は十全大補湯、免疫細胞の強化は補中益気湯などに効果があることが分かっています」(前出の福田氏)

漢方生薬は、抗がん剤の効果を高めたり、延命につながったりするという。「漢方薬の良さは、患者の状態に合わせて、配合を変える“オーダーメイド処方”が可能な点。自分で納得できる治療法を、模索することがポイントです」(前同)

無理をせず、やれることだけ、やればいい。「がんと長寿」の最新レポートは、ここまで。幸せに長生きできるよう、皆様のご健勝をお祈り申し上げます!


外部リンク(日刊大衆)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス