「fall in love」が、「“愛”に落ちる」と訳されなかった理由。

TABILABO

2018/2/12 10:00



「LOVE」っていう単語は、「愛」や「愛情」って訳されるのに、「fall in love」は、なんで「“愛”に落ちる」と訳されなかったんだろう?

と、きわめて素朴な疑問を抱いていたんです。ある本に書かれていた、この文章を読むまでは。



恋は不可避的で、出会いさえあれば、決して難しくない。自分でもコントロールできず、勝手に芽生えてしまう感情で、たとえ相手が、好きになってはならない人でも、好きになってしまうのが恋だ。

しかし、そこから関係を持続させていく愛の段階に入ると、必ずしも簡単ではない。

『私とは何か 「個人」から「分人」へ』より

著:平野啓一郎(講談社現代新書)


なにか特別な意外性があるわけではないんですが、妙に納得してしまったというか、ストンと腑に落ちたんですよね。

「恋」は(偶発的だったりして)落ちてしまうものだけれど、「愛」はどこか能動的なもののような気がします。「この人を守ってあげたい」「大切にしたい」「ゆるして包み込んであげたい」。そこに意識があってもなくても、紛れもなく与えているもので。

だれかのことを急に気になり出したり好きになると、「恋」を意識する。けれど、その瞬間に「愛」を意識することってあんまりないですよね?

「恋」とか、「愛」とか



最近は、「恋」についてとか「愛」について、なんだかよく考えています。でもそれって、やっぱり自分ひとりで考えていても、答えみたいなものって出てこない!

「TABI LABO」では最近、TERUHAちゃんが『愛と愛情の正体』を探る連載企画をやっていたりして、まだまだ学んでいるところです。


『私とは何か 「個人」から「分人」へ 』著:平野啓一郎 (講談社現代新書)

嫌いな自分を肯定するには? 自分らしさはどう生まれるのか? 他者との距離をいかに取るか? 恋愛・職場・家族……人間関係に悩むすべての人へ。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス