パクチーの次はバイマックルー? かけるだけで本格タイ料理

OVO

2018/2/12 07:00


 香りが独特なパクチーは好みが分かれるところだが、熱狂的なファンも多い。パクチーの次に人気が出そうなハーブのひとつが、タイ料理やベトナム料理などによく使われるコブミカンの葉・バイマックルー。かんきつ系の爽やかな香りが特徴だ。キユーピーは、家庭用アジアンフードのブランド「アジアンテーブル」シリーズのソース「かんきつハーブ コブミカンの葉&レモングラス」を、2月16日(金)から全国に出荷する。従来は通販限定だった商品。アジアンハーブの香りが際立つソースで、ベースとなるライム果汁にコブミカンの葉とレモングラスの2種類のハーブを合わせている。温かい料理ではコブミカンの葉、冷たい料理ではレモングラスの香りが立ち、かけるだけでトムヤムクンなどの本格アジア料理の風味が楽しめる。サラダ・魚介・肉料理にも合う。参考小売価格は税別350円(75g)。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス