最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

作り置きしておけば明日からラクできる!「肉のマリネ」5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「マリネ」とは酢やサラダ油、香味野菜などを合わせた液体に食材を漬け込む料理のこと。食感をやわらかくし、香りをつけるなどの効果が期待できますが、実は保存にも役立つんです。今回はめちゃ便利な肉のマリネ5選をピックアップ。メインおかずを作り置きしておけば、料理時間を大幅に短縮できますよ。

■ とりささ身の塩だれマリネ(277Kcal、塩分1.0g)

【材料・3~4人分・約740g分】

とりささ身 8本、赤パプリカ 1個、ゆでたけのこ 大1個(約200g)、マリネ液(長ねぎのみじん切り 1本分、赤とうがらしの小口切り 1/2本分、ごま油 大さじ2、酒、水 各大さじ1、塩 小さじ1)、片栗粉、サラダ油

【作り方】

1. 小鍋にマリネ液の酒、水を入れて火にかけ、ひと煮立ちさせてアルコール分をとばす。マリネ液の残りの材料を加えて混ぜ合わせてバットに入れる。

2. パプリカは縦半分に切って縦1cm幅に切る。たけのこは縦半分に切って、縦5等分のくし形切りにする。ささ身は一口大に切り、たけのことともに片栗粉を薄くまぶす。

3. フライパンに油を約2cm深さまで入れて高温(約180℃)に熱し、パプリカを入れて少ししんなりするまで揚げる。取り出して油をきり、1に加える。

4. 続けてフライパンにささ身とたけのこを入れ、きつね色になるまで1分30秒~2分揚げ、取り出して油をきる。熱いうちに3に加えてざっと混ぜ合わせ、10分以上おく。

※保存容器に入れて冷蔵庫で約3日間保存可能。

肉と野菜を揚げてから漬け込めば、マリネ液のうまみをたっぷりと吸いあげてくれます。そのまま食べてもおいしいですが、マリネにとろみをつけてソースにするという方法も。かた焼きそばなどの具材としても使ってみてくださいね。

■ 牛肉のケチャップマリネ

肉と相性のいい赤ワインを下味として使用します。冷凍すれば約1カ月も保存できるのがうれしいポイント。

■ 豚肩ロースのハーブマリネ

にんにくとタイムで風味豊かなマリネ肉に。そのまま焼くのはもちろん、ピーマンやパプリカと炒め合わせるのもおすすめです。

■ スペアリブのすりおろし玉ねぎマリネ

すりおろした玉ねぎの甘みが肉にしみ込みます。食べごたえのある骨つきのスペアリブをごちそうに仕立ててくださいね。

■ 手羽先ときのこの韓国風マリネ

きのこ類や長ねぎをいっしょに漬けて具だくさんの1品に。コチュジャンのピリ辛味で食が進みます。

料理を保存する際は作った日を忘れずに書き留めておきましょう。また調理した日が早いものを冷蔵庫の手前に置いておくと、食べ忘れを防げますよ。(レタスクラブニュース)

https://www.lettuceclub.net/news/article/136140/

外部リンク(レタスクラブ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス