最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

「子どもの成長に負けない!」長く着回す「子ども服の選び方」ベスト4

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子どもの成長というのは、本当にあっという間。毎日接しているせいか、わが子はいつまでも小さい気がしますが、毎日着々と背は伸びています。その証拠に、去年着ていた服が、今年のシーズンはまったく着られない! なんてことはザラ。

「ああ、この服もお下がり行きかぁ、お気に入りだったのに(涙)」なんて経験、多くのママがあるはずです。子ども服はすぐに着られなくなるから、欲しくてもやめておこう…と躊躇してしまいがちですね。

それでも、「やっぱり、かわいい洋服を着せたい!」というのがママの想いというもの。それなら、洋服選びの段階で、あらかじめ「長く着回せるデザイン」をおさえておくのはいかがでしょうか。

■着回し術その1:女の子用トップスは「2サイズ以上大きめを買え!」が鉄則

女の子限定の着回し術ですが、トップスを購入する時は、「ツーサイズ以上大きめを買う」こと。それでは、ブカブカすぎてカッコ悪くない? と思う人も多いでしょう。でも、丈の長いトップスは最初、ワンピースとして着てしまうので大丈夫。

ワンピースとしては短くなった…と感じたら、次はチュニックとしてスパッツなどを合わせて楽しむ。さらに小さくなったな…となれば、本来のTシャツとして着る、といった、いわば“トップスの三段活用”をしてしまいましょう。

わが子にも実際にこの手法はよく使っています。写真で見るとよく分かるので、ご紹介しましょう。


3歳ではワンピース仕様に



6歳ではチュニック仕様に

それでも、まだまだ着られそうです! この方法なら、5年楽しめる…なんてこともアリ。

■着回し術その2:男子のパンツは「ゆったり素材と形」を選ぶのが正解

着回し術その1で紹介した女の子のトップス選びと同じ考え方が、男の子のパンツ選びにも使えます。ゆったりしたシルエット、ある程度ストレッチ性がある素材のパンツを選ぶのがポイント。コットンなどは向いていますが、リネンなどの布帛素材は不向きです。

ゆったりした形・素材なら、子どもの背が伸びてパンツの丈感が変わっても、フルレングス→クロップド→ハーフパンツと、着回せます。

ハーフパンツになったら、下にレギンスを重ねばきして、レイヤードファッションを楽しむのもいいですね。こちらは女の子でも使えるテクニックです。

■着回し術その3:調整できる「オーバーオール・サロペットスカート」は無敵

ストラップなど調整機能がついたアイテムを選ぶというのも賢い方法です。代表的なものが、写真のようなオーバーオールでしょう。

肩のストラップの長さが調整できるから、身長の伸びにも臨機応変に対応できます。子どもは年齢と共に、横よりも縦に伸びていく比率が大きいので、ゆったりとしたシルエットのものを選べば、横幅がキツくなる心配もあまりないでしょう。

さらにオーバーオールは、インに何を着るかで季節を問わず楽しめるアイテムでもあり、男の子でも女の子でもOK! 可愛さが倍増しますよ。

女の子の場合は、サロペットスカートもおすすめ。丈が短くなったらスパッツを重ね着すると、より汎用性も高く、長く着回すことができます。

■着回し術その4:長袖アイテムもあきらめない!「そで折り返しデザイン」

すぐサイズアウトしてしまうから…と、長そでトップスやパンツは大きめを買い、裾やそで口を折り返して着せるのは一般的。でも、織り込んだそでがモコモコして子どもが嫌がったり、いかにも「大きめを着せています」的なのもカッコ悪い…。

それなら、最初からそでや裾を折り返すように作られたデザインのものを選んではどうでしょうか? 例えば、裏地に柄がプリントされていて、折り返すとそれが見えてアクセントになって可愛いものなら、無理やり着せている感はありません。

逆に、そでや丈が短くなってきたら、女の子の場合、レースやフリルを付けて長さを足してリメイクするのもアリでしょう。

親子でお気に入りの子ども服、長く大事に着られることでさらに愛着がわきますね。子ども服選びの際に、ぜひ参考にしてみてください。

文/aica

(ライターチーム123)

外部リンク(ウーマンエキサイト)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ガールズコラム最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス