最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

亀梨和也演じる慶介はなぜコーンフレークばかり食べるのかが判明

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アイドルグループ・KAT-TUNの亀梨和也が主演するカンテレ・フジテレビ系ドラマ『FINAL CUT』(毎週火曜21:00~)の"第5.5話"が、動画サイト・GYAO!で無料配信されている。

亀梨演じる主人公・中村慶介が、12年前に母親を殺人事件の犯人かのように扱い、死に追い込んだテレビ番組『ザ・プレミアワイド』の関係者に禁断の映像"ファイナルカット"を突きつけ、事件の真犯人を追う姿を描く復しゅう劇の同作。6日に放送された第5話では、ついに"ミスターメディア"こと百々瀬(藤木直人)と対峙した慶介が、人気司会者の思いもよらぬ弱点を突き付けた。

これに続く第6話が13日に放送されるが、5話と6話をつなぐ「チェインストーリー」を制作。「#5.5 LIAR~嘘つき~」と題された第5.5話は、12年前の早川慶介(細田佳央太)と母・恭子(裕木奈江)の日常と、恭子が亡くなった当日に起きたある出来事が、"嘘"というキーワードで描かれる。また、恭子が亡くなった後の慶介がどのように過ごしてきたか、現在の慶介がなぜコーンフレークばかりを食べているのか、その背景が明らかになる。

第6話は、慶介から脅迫を受けていたことを知ったテレビ局メンバーの井出(杉本哲太)、真崎(水野美紀)、小池(林遣都)、皆川(やついいちろう)が、百々瀬と反撃を開始。さらに、真犯人とにらむ男の妹・雪子(栗山千明)から「兄が帰ってきた」と知らせを受け、慶介は雪子の元へ急ぐも、それは雪子の罠だった…。

外部リンク(マイナビニュース)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス