佐藤流司が猫耳姿を披露した理由とは? 3rd写真集『Reception』発刊記念イベントで重版決定に喜び

SPICE

2018/2/11 20:55


2月11日(日)、佐藤流司が東京・HMV&BOOKS SHIBUYA で単独写真集『Reception』の発刊記念イベントを開催した。

佐藤は、ミュージカル『刀剣乱舞』、ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」などの舞台を中心に活躍。現在放送中のドラマ『御茶ノ水ロック』、アーティスト・Ryuji」として結成したバンド・The Brow Beatなど様々な分野にも幅を広げている。

関連記事:佐藤流司インタビュー「ジャンルを引っ張れる存在になりたい」『御茶ノ水ロック』で始まる“明日のことしか考えられない”俳優の2018年

2月14日(水)に発売される『Reception』は、初版40,000部を記録し、発売前に重版が決定するなど反響を呼んでいる佐藤の3rd写真集だ。佐藤は、黒を基調にしたシックなファッションでイベントに登場。報道陣に「自分の中では、想像も出来ないくらい大きな数字なんですけど、こうしてたくさんの方々の目に触れるのは本当に有難いことです」と、ストレートに喜びを表した。

今回の写真集については、「自分の脳内や人生観、世界観を多くの方々へ見てもらいたくて、今まで以上に気合いを込めた作品になっています!」と、満足のいく仕上がりに自信の笑みを浮かべた。さらに、本人オススメのカットとして、表紙でも使用されている猫耳をつけたカットを挙げ、「猫を2匹飼い始めたことが写真コンセプトの中にあって、特に思い入れが強いので。ただ写真集後半で猫耳をつけて温泉に入っているカットがあるんですが、この時思わず、オレいま何をやってんだろうと。ふと複雑な気持ちになりましたね……」と、報道陣の笑いを誘った。

取材日当日のイベントは計5,000人を動員。イベントへの抱負について尋ねられると、「今回は過去最大規模のスケールですが、普段ファンの皆さんと素の形でお会いさせて頂ける機会があまりないので、一人ひとりの方々へきちんとした形で、感謝の気持ちを伝えていけたらいいなと思っています」と語った。また、2018年の目標を「仕事は一番の望みが安定なので現状維持で。勿論、今より上に行けたらいいですけど(笑)。プライベートは英語の勉強をしたいなと。将来海外で仕事してみたいですし、今年中にはペラペラ話せるように」と明かし、海外進出の夢へ思いをはせた。

同写真集は、タイトルから作品全体のコンセプトまで、佐藤本人がプロデュース。佐藤がストーリーテラーとなって、本のページをめくるよう紡がれた6つの物語を収録。ペンキを使ったアートワークやアクション、中性的なゴスロリファッション、淡い学生時代を彷彿とさせるカットなど、固定概念に囚われない様々な表現を織り込んでいるという。
番組・公演情報 TVドラマ&舞台連動企画『御茶ノ水ロック』


【ドラマ版】
放送:テレビ東京にて1月10日から毎週水曜深夜2:35~
※初回は直前スペシャル!「あにてれ」にて放送直後から配信
<出演>
佐藤流司
崎山つばさ・前山剛久・松本岳・宮城紘大
砂原健佑・Chiyu・夛留見啓助
谷水力・中西良太/染谷俊之
脚本:田中眞一 監督:横尾初喜、直、畝田光記

【舞台版】『御茶ノ水ロック-THE LIVE STAGE-』
公演日:2018年3月30日(金)~4月15日(日)全23公演
劇場:AiiA 2.5 Theater Tokyo
<出演>
佐藤流司 崎山つばさ、前山剛久、谷水力、松本岳、宮城紘大 砂原健佑、Chiyu、夛留見啓助、菊田大輔 荒木宏文/染谷俊之ほか
<チケット>
価格:8,400円(税込、全席指定) 販売:オフィシャル最速先行:2018年1月8日(月・祝)10:00~1月18日(木)23:30    一般発売:2018年2月12日(月・祝)10:00

【漫画版】 『月刊コミックジーン』にて連載中。
企画制作:ポリゴンマジック 製作:御茶ノ水ロック製作委員会 (C) 御茶ノ水ロック製作委員会 公式HP:http://www.ocharoku.jp/  
公式Twitter:twitter.com/ocharoku_pr

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス