アメリカ人が映画館を避けるようになった理由


最近は映画館に行く人がめっきり減ったようです。映画のチケットが高すぎる、見たいと思う映画が上映されていないなど、多くの観客にはあまり魅力的でないことが理由のようです。

映画のチケット売上の衰退に関するBloombergの調査を受けて、米Lifehackerは、どうすればまた映画館に観客が戻ってくるのか読者の皆さんの意見を聞いてみました。それによると、チケットの値段と映画の種類の乏しさが衰退の主な要因でしたが、その他には「マナーの悪い観客がいる」「映画館が老朽化している」「自宅のソファで見られる映画をわざわざ映画館に出向いて見る理由がない」、なども映画館から足が遠のく理由としてあげられました。あと、一緒に映画を見に行く人がいないからという人もいました。

そのほかの読者の声を以下にご紹介しましょう。

映画館に家族連れで出かけると、チケット代の採算が取れないので、とにかくチケットの値段を下げてもらいたいとSnaabinさんは言います。

我が家は家族で映画に行くとソーダやポップコーンやスナックを買わなくても60ドルかかります。その60ドルで6時間楽しむとすると、1時間につき10ドルで楽しむことになります。でも、家族が欲しがっている新しいゲームを買って、妻と私が30時間ずつ、娘が10時間それで遊ぶと、ゲームを購入してから1カ月後には1時間当たり1ドルで楽しんだことになります。ゲームによっては、攻略するのにもっとずっと長い時間がかかるものもあります。つまりゲームを買ったほうがコスパがいいことになりますよね。

Koshka42さんは、1枚10ドル以上するチケットを買ったのに、映画の途中でうんざりするほどコマーシャルを見せられるのが嫌だそうで、これには同意見の人が多いようです。

先週私は6時45分からはじまる『最後のジェダイ』を見に行きました。でも、本編がはじまる前にコマーシャルが30分も流れました。その後、さらに、コマーシャルが流れ、予告編の途中にもまたコマーシャルが流れました。こんなことは初めてです。

人手不足の売店で20分も並んだ挙句、12オンス(340ml)のソーダに8ドルも払うなんてひどい話じゃありませんか。Dizzlepantsさんは売店にポケベルシステムを導入すると便利だと言います。

近所の映画館に行って食べ物を注文するとブザーを手渡されました(レストランのテーブルで注文した料理を待つときに渡されるのと同じような感じのものです)。席を選んでコートを置いて待っていると、ブザーが鳴って食べ物ができたことがわかったので、すぐに取りに行けました。映画の予告編が流れているうちにここまで済んでしまったので、本編を見逃すこともなく完璧でした。このシステムのおかげで、私の映画鑑賞体験は大いに変わりました。

ライフハッカーの過去記事でも提案されていますが、快適に映画を鑑賞をするには途中休憩も大切です。これについては、多くの人を代表してtsg,さんが次のように語っています。

3時間以上の大作を途中休憩なしで上映するのはやめてほしいです。どんなに座席が快適であろうと、私は休憩もとらずにそこまで長時間1つの場所に座っていられません。

PoweredByRiceさんは席の予約ができるとどれほど便利かを次のように説明しています。

映画館の席を予約したら、すごく便利でした。私は『最後のジェダイ』を見に行くとき劇場のど真ん中の席を予約したのですが、席が予約で確保してあったので人気映画であっても何時間も前に劇場に行かなくてすみました。その映画館は全席予約制だったので、全体的にリラックスした雰囲気でした。誰も席を取るのにやっきになってストレスを感じることがなく、上演時間の数分前にゆうゆうと入場できたからです。

最も多く寄せられた意見は、マナーの悪い観客は劇場の案内係か職員が追い出してほしいということでした。これについては、Working on My Night Cheeseさんが次のようにうまくまとめています。

全米でフランチャイズ展開する映画館チェーンAlamo Drafthouseのルールは次の通りです。

1. 上映中は私語をしないこと

2. 携帯電話の電源を切ること

3. 遅れて入場しないこと

4. 上記のどれを破っても劇場からつまみだされます

「映画館は観客にチケットに10ドル、ポップコーンに10ドル払わせるなら、館内に託児所も作れないものでしょうか。そうすれば、小さい子どもがいる親は安心して映画を見られるので、託児所代としてさらに50ドル払うでしょう」とLeftTexasChemistさんは言います。映画の途中で赤ちゃんが泣いたりすることもなくなるので、他のお客も助かります。

映画館で無料の託児所かベビーシッターを利用できたらいいのにと思います。そうすれば映画のチケット代など気にならなくなります。ベビーシッターを3時間頼むと映画のチケット2枚分のお金がかかるからです。自分でベビーシッターは手配するのは手間がかかりますし、さらにそのベビーシッターが約束の時間に本当に来てくれないと映画に行けません。

Claiborne Forrest Faulknerさんは、観客が持ち込んだ旧作映画を上映して、無料で飲み物を提供する映画館がほしいという画期的な提案をしています。

旧作映画上映用のスクリーンを1つ予約して、上映する映画をその地域の人たちに選んでもらうアプリを使ったらどうでしょうか。大規模な劇場の偉い人たちに読んで頂きたいのですが、私ならTrantino監督の成人指定映画の持ち込み上映を無料の飲み物付きで見られるなら20ドルぐらい喜んで払いますよ。

Image: LightField Studios/Shutterstock.com

Source: Bloomberg, Draft House

Alicia Adamczyk - Lifehacker US[原文

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス