最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

AKB48、チーム8選抜コンサートで“ダンス自慢メンバー”による華麗でダイナミックなステージを披露

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年1月13日、TOKYO DOME CITY HALL(以下、TDC)でAKB48 チーム8による『AKB48 チーム8選抜コンサート~僕たちは熱狂する~』が開催された。2017年、チーム8は小栗有似、坂口渚沙、倉野尾成美よるソロコンサートと、東西両軍、メンバー全員でのライブを開催していた。

チーム8は全国47都道府県から選抜されたメンバー47人が所属。メンバーや多くのファンは2018年も全員揃ってのコンサートを期待していただろうが、2018年のコンサートは「ダンス自慢」の選抜メンバー16人で開催された。

ダンス自慢として選出されたのは、坂口渚沙(北海道)、横山結衣(青森)、谷川聖(秋田)、佐藤七海(岩手)、岡部麟(茨城)、本田仁美(栃木)、小栗有以(東京)、横道侑里(静岡)、永野芹佳(大阪)、山田菜々美(兵庫)、濵咲友菜(滋賀)、中野郁海(鳥取)、下尾みう(山口)、倉野尾成美(熊本)、下青木香鈴(鹿児島)、宮里莉羅(沖縄)の16人。また、太田奈緒(京都)と長久玲奈(福井)がお手伝いメンバーとして出演した。

■冒頭からヒートアップ! グループを代表する ダンスナンバーが目白押し

コンサートは中野による新年の挨拶からスタート。その後、「UZA ~Remix ver~」、「Don’t Look Back」、「Escape」を16人全員で披露。メンバーは“ニューヨークをイメージ”したと言われる一人一人違う新衣装を身に纏っていた。ダンス自慢のメンバーが集められたこともあり、コンサートの楽曲はAKB48グループのダンスナンバーが目白押し、ダイナミックで圧巻なステージが続いた。

スタートからあまりにも激しいダンスパフォーマンスが続き、5曲目の「Beginner」のイントロが流れると、岡部が“休憩しよ…無理、無理”と言いながら倒れると、山田が“新年から良いスタートが切れたのではないでしょうか。チーム8は新年から飛ばしています”と息を切らせながら話し、会場を盛り上げた。ダンス選抜ということで、メンバーの自己紹介も“全身を使って2018年の約束”というテーマで披露された。例えば”48グループ一番の色白”でお馴染みの永野芹佳(大阪)は“今年も日焼けしない”など、メンバー1人1人が全身を使ってアピールしていた。

その後のユニットでも山田、本田、宮里らによる「奇跡は間に合わない」、小栗の「赤いピンヒールとプロフェッサー」、中野が「右足エビデンス」、横山、横道、倉野尾、佐藤七海らによる「Lost the way」、坂口、永野、濵、下青木らによる「エンドロール」などのグループを代表するダンスナンバーが続き、ダイナミックなパフォーマンスを披露。最初から最後までクールな衣装に身を包んだメンバーによるダンス楽曲で会場のファンを魅了していた。

中野はコンサート後に、トークライブアプリ・755で“今回のコンサートで改めて自分はダンスを踊るのが好きだなーって思ったし、なによりチーム8って最強だなーなんて思っちゃいました。48グループのダンス番長はチーム8だっ!!!!!!笑 って少しでも多くの皆さんに思ってもらえてたら嬉しいなって思います笑 また、ダンス公演やりたいです”と語っていた。中野は本田、横山と共に2016年3月に放送された『AKBINGO!』(日本テレビ系)の「AKBINGO! CUP ダンスロワイヤル」というAKB48グループ一番のダンスチームを競う企画に出場。最年少チームながら、初代チャンピオンに輝いたことがある。

■激しいダンスが続くライブ中盤では コントで笑いも

チーム8メンバーの吉川七瀬(千葉)が自身の755で“チーム8選抜コンサートでのななせ(吉川)のお気に入りポイント”として、“ゆいゆい(小栗)の赤いピンヒールとプロフェッサー”、“りんちゃん(岡部)のコントの演技力”、“かりんちゃん(下青木)の体は小ちゃいけど迫力のあるダンス”、“せりか(永野)のお上品×カッコいい ダンス”、“山田とはま(濵)のMC面白すぎる×安定感”、“なるちゃん(倉野尾)のあの子何者!?感”の6点をあげていた。

吉川がお気に入りポイントとしてあげていた1つが岡部らが披露していたコントだ。岡部が“イバラキング星から来たオカロス”に扮して、“悪いエイトくん”と共に登場、メンバー5人(本田がイエロー、下尾がグリーン、倉野尾がブルー、宮里がレッド、太田がピンク)が“TDC戦隊”に扮してステージコントを披露していた。

ダイナミックで激しいパフォーマンスが続くライブだったが、中盤でのコントMCに会場には笑いの渦が起きていた。コント直後にはそのまま「僕たちは戦わない」の楽曲に変わり、会場の雰囲気も一転した。

岡部はコンサート後に自身の755で“何が1番 不安だったかって 戦隊コントが~!笑 あ~!嫌だった”とコメントしていた。クールなダンス楽曲の合間にあったせいか息抜き効果なのだろうか、インパクトがあり、なぜか強く印象に残っているコントだった。

(c) AKS

\n

外部リンク(OKMusic)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス