松本人志、“よしもと”と契約の美少女スイマー・今井月に「煩わしいことが増えますけどね」

ザテレビジョン

2018/2/11 17:35

独自の視点で時事問題や芸能ニュースを取り上げるバラエティー「ワイドナショー」(フジテレビ系)。2月11日の放送では、ワイドナ高校生として競泳・今井月(るな)選手が登場し、SNSも「ルナちゃんが出てる!」とざわついた。

今井選手は15歳の時、ブラジル・リオデジャネイロオリンピックに出場。女子200m個人メドレーで準決勝まで出場したものの、敗退(全体15位)し、東京オリンピックでの活躍が期待される美少女スイマーだ。

「(リオから数えて)4年後は絶対こんな思いをしないように頑張りたいと。悔しかった?」と司会の東野幸治が聞くと、今井選手は「悔しかったですね」と素直に語る。

また、「普通の世界大会とオリンピックの雰囲気は違うんですか?」と聞かれ、今井選手は「オリンピック自体が私初めての世界大会だったんで、どんな感じかも分からないまま望んだので、本当に緊張しました」と振り返った。

オリンピックを経験したのち、「世界水泳2017」の女子200m個人メドレーでは5位に入賞。「東京に向けて頑張りたいと思います」と抱負を語った。

そして、今井選手は水泳に集中するため、よしもとクリエイティブ・エージェンシーとマネージメント契約を結んだという。

「スポーツ以外の煩わしいことは、よしもとにお願いして、例えばテレビ出演とかインタビューとかはよしもとがっていうことですよね」と東野が振ると、松本人志が「よしもととやることによって煩わしいことが増えますけどね」と皮肉り、スタジオを笑わせた。

次回の「ワイドナショー」は、2月18日(日)朝10時より放送予定。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/137013/

あなたにおすすめ