今週の天気 週半ばは春先の陽気に

日直予報士

2018/2/11 17:37

強い寒気に覆われている日本列島ですが、今週の中頃は一時的に春先の陽気になりそうです。雪の積もった地域は急な雪解けに注意して下さい。また、花粉が飛びやすくなりますのでお気を付け下さい。

●13日(火) 強い寒気の影響が続く

13日(火)頃にかけて強い冬型の気圧配置が続く見込みです。九州北部は雪が降りやすいでしょう。中国地方から北海道の日本海側も雪が降り続き、大雪のおそれがあります。また、季節風が強く吹き、北陸から北海道の日本海側を中心に荒れた天気でしょう。全国的に最高気温は平年より低く、晴れ間が出る太平洋側も真冬の寒さです。寒さ対策をしっかり行い、風邪やインフルエンザにもお気を付け下さい。

●14日(水)頃 春先の陽気

14日(水)頃は、日本海を低気圧が発達しながら東へ進む見込みです。この低気圧に向かって南から暖かい空気が流れ込むため、全国的に気温がグンと上がるでしょう。前日との気温の変化が大きくなります。最高気温は、全国のアメダス地点のおよそ6割で前日より5度以上高く、多くの所で3月並みとなるでしょう。北陸や東北、北海道の日本海側は湿った重い雪となりそうです。気温の上昇による急な雪解けに注意が必要です。関東から九州は大体晴れるでしょう。晴れて気温が上がる日は花粉が飛びやすいくなりますので、お気を付け下さい。

●週末 冬の寒さに戻る

17日(土)、18日(日)は九州から関東にかけて大体晴れる見込みです。この時期らしい寒さに戻る所が多くなりそうです。東北や北海道は太平洋側は晴れ間がありますが、日本海側は雪が降りやすいでしょう。真冬の寒さになりそうです。

●長くなる昼間の時間

立春を過ぎ暦の上では春ですが、寒さが緩むのは一時的で暖かさを感じる日はなかなかありません。ただ、昼間の時間は長くなっています。東京では、1か月前より日の出はおよそ20分早くなり、日の入りはおよそ30分遅くなっています。この先、1日ごとにおよそ1分づつ、夜明けが早くなり、夕暮れが遅くなります。11日(日)は福岡で梅が開花。余寒厳しい中、梅やタンポポの開花の便りが届くようになってきています。春を見つけてみて下さい。

あなたにおすすめ