最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

ロンブー淳、両親からの応援メッセージに「やばいやばいやばい」と涙ぐむ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
田村淳が、たった100日で憧れの青山学院大学に合格することを目指す、リアルドキュメンタリー番組「偏差値32の田村淳が100日で青学一直線~学歴リベンジ~」(AbemaSPECIALチャンネル)の最新回が、2月10日に放送。相方のロンドンブーツ1号2号田村亮が用意した応援メッセージに、淳が瞳を潤ませる場面があった。

青学入試本番を迎えるまでを映した2月10日の放送回では、入試当日の淳に密着し、直前の心境や、試験終了後の様子をオンエアした。

受験3日前、ラストスパートを懸けて勉強漬けの淳の元に、25年来の相方である亮が訪れた。

「どういう状況なのかなと思って。俺も応援してるからね」と、近況を質問する亮に対し、淳は「答えたくない」と笑顔で答え、「こんな後半に駆け付けて、応援してる顔されて。意外とヤフーニュースになるからちょっと絡んでおくか、みたいな」と語り、笑いを誘った。

そんなことを言われつつ、亮は「メンタル的なものをプラスにできれば」と、淳に見てもらいたいVTRがあると言い、パソコンを取り出した。

そのVTRには、番組会議に参加をする亮の姿が。淳を喜ばせるため、サプライズ企画ができないかということで、「手伝えるんだったらやります」と答えた亮は、淳の地元である山口・下関に出向き、淳の知人から応援メッセージをもらうことに。

下関に到着した亮は、淳の親友をはじめ、淳の初恋の人やファーストキスの相手、そして同じ高校に通っていた同級生などに会いに行き、応援メッセージをもらうことに成功。

懐かしい顔ぶれや思い出の場所の数々に淳は「懐かしいな…」と、うれしそうな表情を見せた。

さらにVTRは続き、今度は芸能界から品川庄司庄司智春ココリコ遠藤章造、そして極楽とんぼの2人からの応援メッセージが流れだす。

加藤浩次は、淳の受験に対し「『やっぱり落ちたか』は、僕はないと思ってる。『やっぱり(落ちた)か、しょうがないよね』は、淳、ないよ! 受かるしかない」と、受験前の淳にげきを飛ばした。

そして、亮はテレビ初出演となる淳の両親にも会い、応援メッセージをもらっていたVTRを紹介。これまでと打って変わって驚きを見せる淳は「体に気を付けて、受験頑張って」という、両親からの応援メッセージに「やばいやばいやばい」と涙ぐむ場面も。

たくさんのエールを受け取り、淳は「ありがとうございます。思いのほか、メンタルが立て直されましたね」と語り、「そっか。勉強に没頭し過ぎてて、友達とか、先生、父ちゃん母ちゃんとかがあんなふうに思ってるとは…受からなきゃな…」とあらためて合格への強い思いを明かした。

最後に、相方・亮からの「思い切って頑張ってほしい」というエールを受け取り、1人になった淳は「いやー。頑張ろうっていう気持ち、“ぐん”と乗ったね。まぁ、父ちゃんが『合格、不合格は関係なしに一生懸命やれ』って言ってたから、とにかくぶつかっていきます」と語り、再び机に向かった。

その後、入試を終えて会場から出てきた淳は「自信があるわけではないけど、この前の模擬試験みたいな感じ。日本史と現代文は7割、8割くらいはいけたっぽい。でも英語が…。

初めて時間内に終えることができたけど。模擬試験の時は全部いい方に転がって、今回もそうなればいい予感はするけど。やっぱり英語だな」と、合格を握るのは英語の結果次第と説明。

「あとは合格発表を待つばかりです」と入試の感想を語った。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/137018/

外部リンク(ザテレビジョン)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス