最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

SEXでの快感も上がる!? 男がパイパンにすべき3つのメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


今、男性による下半身の毛の処理が広まりつつあるのをご存じだろうか? 一度やってみるとメリットの多さに、習慣化する男性も多いという。男の身だしなみトレンドを先取りせよ

◆見栄えも快感も上がる!“プロ仕様”の陰毛とは!?

SEXに特化したアンダーヘアと言えばAV男優がすぐさま頭に浮かぶ。しかし、男優歴30年の田淵正浩氏によれば、「男優がアンダーヘアの処理をするようになったのはここ15年ほどの文化」だという。

「日本にセルビデオがはやりだした2000年頃、モザイクが薄くなったことで男優たちも陰毛処理を開始しました。ポルノ先進国ではありましたが、男優の陰毛処理に関しては後進国だったんですよ(笑)」

今や男優たちにとって、自分でケアするもの、エステに通うものなど陰毛の処理は鉄板。そんな“プロ仕様”の陰毛だが、素人でもマネをすればメリットが多いと主張する田淵氏。

「第一に陰茎が大きく見えることで、男性には自信になり、女性を興奮させる効果があります。また挿入時は出し入れがスムーズに。特に男女共にヘアが少なければ密着感も増し、より気持ちよくなれますよ」

見栄えや密着感はもちろんのこと、さらに陰毛処理で起きがちな“事故”を減らせるそうだ。

「コンドーム装着時にありがちな陰毛の“巻き込み”も減りますし、女性もフェラチオで舐めやすくなります。フェラでもクンニでも陰毛が喉に引っ掛かるとなかなか取れず、一時中断したり興ざめしちゃいますからね」

そんなプロ仕様の田淵式陰毛処理は、1か月に一度のペース。性器周辺を“剃る”のではなく、ハサミで“切る”。

「剃ってしまうと、生えてきた“尖った毛先”が、女性に対してチクチクして痛くなる。性器周辺やヘソ回りなど面積は広くていいので、毛足をハサミで1cm程度に切ります。その際、すね毛剃り用のT字カミソリで量を減らすと安全です」

玉袋、肛門回りの体毛も自分で処理しているという田淵氏。ただ素人が迂闊に手を出すのは危険な場所でもあるそうで……。

「僕は除毛クリームを使っていますが、陰嚢は皮膚から有害性のある化学物質が吸収される“経皮毒”を受けやすい部分なので、あまりオススメしません。金玉やアナルなんて、明るい場所で女性に見られることはない部分。軽くハサミでカットするぐらいにとどめておきましょう!」

あなたも陰毛をプロ仕様に進化させ、よりよいセックスライフを獲得するべし!

<性交面でのメリット>

・陰茎が大きく見える

・性交時の挿入がスムーズ

・女性がフェラチオしやすい

<これでプロ仕様!田淵式陰毛処理のメソッド>

・ペースは1か月に一度

・毛足は1cm程度に

・剃らずにハサミでカット

【田淵正浩氏】

AV男優。「田渕正浩」、「田淵正浩」と、出演作品によって2通りの表記がある。アダルトビデオだけでなく一般作品にも出演。一般作品出演時の芸名は小林政宏

― 男の下半身はパイパンになる! ―


外部リンク(日刊SPA!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ラブ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス