最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

ジョージ・クルーニー、妻アマルさんへの想い「命を差し出してでも彼女を守りたい」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
一度結婚に失敗し、長いあいだバツイチのままだった俳優ジョージ・クルーニー(56)。ハンサムでリッチ、そして女性の扱いもスマートで‟大人の男の色気”も申し分ないジョージだけに非常によくモテたのだが、何人もの若い美女と交際しては破局。家族からも「ジョージは結婚しないと思う」という声があがっていたのだが、ジョージは美人弁護士アマルさん(40)に会うなり骨抜き状態に。彼女に惚れ抜いたジョージは交際開始からほどなくして求婚し、2014年にゴールインした。今は双子のパパでもあるジョージがこのほどインタビューに応じ、アマルさんへの溢れんばかりの愛を語った。

「この人について行けば間違いない!」

そう人々に思わせるほど賢く強いイメージが強いだけに「政治家に転身してほしい」と多くのファンに切望されているジョージ・クルーニーだが、彼が選んだ女性もやはり賢い凄腕の人権派弁護士で、ジョージは妻となったアマルさんが愛しくてしかたがないと言う。このほど『My Next Guest Needs No Introduction With David Letterman』に登場したジョージは、妻への思いをこう激白している。

「双子が誕生する前から、彼女についてこんな風に感じていたんだ。自分の命を差し出してでも守りたい―そんな人に巡りあえたってね。」

「つまり、僕にとっては自分の命よりも彼女の命のほうが大事。誰かに対してそんな想いを感じたことは、それまで一度もなかったよ。」

さらにジョージは、アマルさんとの出会いをこのように振り返った。

「共通の友人がこう言ってきたんだ。『ちょっと寄るよ。友達も連れて行っていい?』って。そこで僕は『もちろん』って答えたのさ。」

しかしこの時、ジョージのいる場にアマルさんが向かったことをジョージのエージェントも知っていたもよう。ジョージはエージェントがすかさず連絡してきたとして、こう語っている。

「電話で、彼にこう言われたんだ。『ある女性に会ったんだ。彼女が君の家に向かっているよ。君はこの女性と結婚するだろうね』って。」

またこの日、ジョージの両親もたまたまジョージ邸を訪問中だったとのこと。そして家族やジョージもアマルさんと仲良くなり、別れ際にジョージは「僕の両親の写真を撮っていたよね。それを後で送ってもらいたいから」と理由をつけてアマルさんのメールアドレスを聞きだしたという。

「彼女も僕と付き合いたいと思ってくれたとは、思いもしなかったんだ。」

そう述べ頬を赤らめたジョージは今もアマルさんと非常に仲が良く、おしどり夫婦ぶりをたびたび報じられている。そして赤ちゃんも生まれ、今は夜中も数時間ごとに起きて赤ちゃんのお世話をしているとのこと。離婚を経て「独身のまま気ままに余生を過ごすのだろう」と言われていたジョージも、“運命の女性”アマルさんとの出会いによって、全てが変わったようだ。

(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

外部リンク(テックインサイト)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

海外最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス