最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

風邪 

お風呂は入ってOK?風邪を早く治すコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
民間療法から病院での薬処方まで、風邪の治し方と呼ばれるものは様々あります。その中から日常生活の工夫も含め、8つのポイントにまとめました
いわゆる、鼻の風邪、のどの風邪、おなかの風邪など、風邪の種類は様々。多くの風邪は肺炎などのより重い病気を合併しない限り、何もしなくても自然に治ります。「風邪を治す」というのは症状が出る時間をなるべく短く抑え、病期を短縮するのを目指すことです。

民間療法から病院での薬処方まで、風邪の治し方と呼ばれるものは様々です。日常生活の工夫も含め、以下の8ポイントにまとめました。

1.水分を補給する

風邪の民間療法は世界中に様々なものがあります。個人差はありますが発熱すると食欲が落ち、食事量が減るため、栄養補給の面だけではなく、食事と同時に取る水分摂取量が減少します。これに対して発熱に伴って発汗が起きるので、脱水が起きやすくなります。まず脱水を防ぐためにも、水分補給は大切です。

民間療法のうち、何かと何かを混ぜて飲む(例:蜂蜜とレモンを混ぜて飲む)ような飲み合わせが有効かは別として、何かしらの形で水分補給に役立つという点では正解です。水分補給を兼ねられる民間療法は、試してみてもよいかもしれません。

2.ストレスを減らす

精神状態と免疫系の関係は完全には解明されていませんが、うつ状態やストレスが多い状態では免疫系の働きの調節が悪くなると報告されています。風邪を引いたと自覚した時、気分は少しうつ気味になるのが普通です。気分が沈んでいるからと無理に元気を出す必要はありませんが、ストレスは増加させないようにしましょう。

ストレスを減らす方法は人それぞれですが、発熱すると体を動かすストレス解消法は難しくなります。好きな音楽を聞いたり、録画しておいた好きな映画の鑑賞などは、受動的な活動ですがストレスの解消法となります。

また、ストレスの解消効果が期待できそうな風邪の民間療法は効果がある可能性があります。具体的にはハープティーやアロマテラピーなどです。ハープティーは水分補給にもなるので、二重にお薦めできます。

喫煙は気道の炎症には悪影響を与えますが、愛煙家の場合は急に禁煙すること自体がストレスになることもあります。どうしてもタバコを手放せない人は、無理のない範囲で節煙する事を薦めます。

3.入浴・シャワーも条件付きで問題なし

温かい浴槽につかる入浴は気持ちがよいものですが、長時間の入浴は脱水の原因となるので控えるべきです。また、脱衣所や他の部屋に比べて温度差がありすぎると、体にとってのストレスになる可能性があります。

温度差によるストレスや脱水を除くと、風邪の時に入浴がいけない理由を明確に説明することはできません。一般家庭で空調が整った状態で、短時間のシャワーや入浴が風邪の病期を長くするかどうかは不明です。

微熱の基準は意見が分かれますが、37.5℃程度までならば短時間のシャワーや入浴は問題ないというのが最近の考え方です。

4.解熱剤はなるべく使わない

風邪の主な症状である発熱。解熱剤である程度抑えることができます。しかし、発熱は病原体に対する免疫反応によって起きています。解熱剤はこの免疫反応自体を抑制することで熱を下げているので、解熱剤を使うと病期が長引く可能性があります。

また、小児に対する一部の解熱剤の投与は、ライ症候群という致死的な全身疾患を引き起こす可能性もあります。インフルエンザ脳症と解熱剤との因果関係も疑われています。頭痛薬にも解熱剤と同じ成分が使われているので、小児に対する解熱剤使用は注意が必要です。市販の感冒薬にもはいっているアセトアミノフェンという解熱剤は安全性が高いとされていますが、解熱効果は限られてます。原則として解熱剤を使わないことを薦めます。

5.飲酒習慣がある人は市販のかぜ薬は禁!

民間療法として卵酒を試した人ではなく、日ごろからかなり飲むほうだ、という人は注意が必要です。市販の感冒薬(いわゆる風邪薬)にも含まれている解熱剤のアセトアミノフェンの代謝産物には肝毒性があります。飲酒習慣がある人はアルコールをより多く代謝するために、本来は薬剤の分解のために使う反応系の活性が高くなっています。アセトアミノフェン服用後に代謝産物の肝毒性が原因と推定される肝不全を起こしてしまった報告もあります。

飲酒習慣がある人は、風邪にかかった時は市販のかぜ薬の服薬は控えましょう。薬剤の副作用防止の点から、感冒薬や抗生物質を服薬した時には原則、禁酒となります。薬剤を服薬しない場合もなるべく節酒することを薦めます。

6.抗ヒスタミン剤は眠気に注意

市販の感冒薬に含まれているのが抗ヒスタミン剤です。風邪に伴う鼻水の量を減少させる効果があると表示されていますが、副作用として眠気があります。車を運転するような場合は抗ヒスタミン剤を含む感冒薬は居眠り運転の原因となるので飲むべきではありません。

7.抗生物質はウイルスには無効

抗生物質は細菌に対しては有効ですが、ウイルスに対しては無効です。細菌のせいで免疫反応による炎症がおきている場合は抗生物質は有効な可能性がありますが、風邪の原因の80%はウイルスです。ウイルスのうち、もっとも可能性が高い鼻風邪ウイルスによる風邪の場合は、細菌感染を伴うことが少ないので抗生物質を飲み続けても効果はありません。

成人と小児は別に考えないといけません。小児の場合は耳管が短くて風邪症状から中耳炎を引き起こしやすいのです。中耳炎の原因となるのは細菌なので、中耳炎を併発してしまった場合は抗生物質が有効となります。

8.咳が続くときは抗生物質が有効

ウイルス性の風邪の場合、病期の長いインフルエンザでも1週間程度で解熱します。風邪の症状のうち、咳が数週間続く場合があります。この場合はウイルス性ではなくて細菌の一種のマイコプラズマ肺炎の可能性があります。マイコプラズマ肺炎に対しては抗生物質が有効です。だからと言って咳が続くときに、以前に処方された飲み残しの抗生物質を服用するのはやめましょう。有効な抗生物質が限定されているからです。

余談ですが、ニキビに対して処方する抗生物質の一部はマイコプラズマに対しても有効です。ニキビ治療をしたらニキビはすぐには治らなかったけれど咳が治ったいうこともあるのです。

あまりに長引く場合は、肺炎や百日咳などの違う病気を疑う必要もあります。
(文:西園寺 克)

外部リンク(All About)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス