人間のゴミがからまり動けないウミガメ 助けてくれたダイバーに感謝の気持ちを見せる

grape

2018/2/11 11:47


※写真はイメージ
メキシコの美しい海を訪れたダイバーが、かわいそうな姿で泳いでいるウミガメを発見しました。

そのウミガメの前ヒレには、誰かが捨てたロープがからまっています。不自由な思いをしながら泳いでいたのです。


心優しいダイバーは、ウミガメのヒレからロープを外してやることにしました。ウミガメも、ロープが取れるのをじっと待っているようです。

ロープが外れてようやく自由になったウミガメは、「ありがとう」と感謝の気持ちを伝えてくれたのでしょうか。ダイバーのところまで来て、そのまま一緒にしばらく遊泳を楽しみました。

ロープがからんでいた左の前ヒレが動いていないのが気になりますが、自由になれて本当によかったですね。

このウミガメは、幸いなことにダイバーに発見されて無事でした。ですが、人間が捨てたゴミによって命を落とす動物は多くいます。

海の環境と動物たちを守るためにも、私たち人間がもっと意識を高めるべきだと、改めて気付かされる映像でした。


[文・構成/grape編集部]

あなたにおすすめ