最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

葉加瀬マイ、グラビア撮影現場の「セクハラ事情」を衝撃告白

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 9日「必殺!バカリズム地獄」(AbemaTV)が放送された。世にあふれる“鬼ギレ”の声に耳を貸し、悪行を働く不届き者たちをバカリズムがイラストによって地獄に送るという、ストレス解消系バラエティ番組だ。

 今回は「いちいち細かくイジッてくんな! セクハラだからな!」という街の声を紹介。その女性は、バイト先のオジさんが自身の肌やメイクのことをいちいち指摘してくることに腹を立てているという。これにバカリズムは「難しいですよね。セクハラのラインて本当、人それぞれじゃないですか」とコメント。

「グラビアの方たちはどうなんですか?」と話を振ると、葉加瀬マイは「グラビアの現場ってセクハラ発言バンバンですよ」とぶっちゃける。さらに葉加瀬は「カメラマンさんだったり周りのスタッフたちも、結構『疑似セックス』を撮るじゃないですか」と、イメージビデオあるあるを語り始めた。

これにバカリズムが「そうなんですか?」と食いつくと、手島優も「ごめんなさい、それは分かんない」と否定していたが、「でも、そうかもね。(何かに)跨いだりね」と思い当たるフシはあったようだ。

葉加瀬は「全部『それ』を想像させるものを撮ってる」と話を続け、「結構なSなカメラマン」から「マイちゃんはどこが感じるのかな?」と言われたことがあると吐露。この過激発言に対し手島は「それ、違う現場じゃない?」と驚いていたが、葉加瀬は「普通の雑誌の撮影」「私が『恥ずかしい』っていうのを撮るんですよ」と、グラビアの現場でもエグい言葉責めが行われていることを明かした。

(c)AbemaTV


外部リンク(AbemaTIMES)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス