最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

クーペに負けない走りと美しさを持つ、レンジローバー ヴェラール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▲ブランド4番目のモデルとして登場した、レンジローバースポーツとイヴォークの中間に位置するプレミアムSUV。優れた走破性とラグジュアリーさを継承しつつ、無駄を排除したデザインで仕立てられている
▲ブランド4番目のモデルとして登場した、レンジローバースポーツとイヴォークの中間に位置するプレミアムSUV。優れた走破性とラグジュアリーさを継承しつつ、無駄を排除したデザインで仕立てられている 世界で最も美しいSUVではないか

その昔、“世界で最も美しい”という形容フレーズは、クーペのためのものと相場が決まっていた。けれども最近じゃ、シンプルな「クーペ美」さえ見つけることが難しくなっている。
ライバルが増えたことによるわかりやすい差別化と、CADによる計算的な空力デザインの採用、さらには衝突安全などの厳しいルールが、カーデザイナーによる伝統的なクーペ美の追求を妨げているのだ。
流麗な車の様式美から離れた立ち位置にあったはずの背の高いSUVに、取り巻く様々な制限をのみ込み吐き出した。結果、デザイン的に昇華するだけの余裕がまだあったことは、皮肉であるというほかない。
ムダを削ぎ落としてシンプルな美しさを体現するSUVが、こうして誕生するまでに至ったのだから。
それがこの、ヴェラールだ。筆者はこのSUVがデビューした2017年春のジュネーブショーで、スーパーカー以外に唯一、時間をかけて眺めた新型車だった。
そのファーストエディションにノルウェーで試乗する機会を得た。卓越のオフロード性能や見栄え質感の高さは、レンジローバーを名乗る以上、当然のこととして期待してもらいたい。
では、イヴォークとスポーツの間を埋めるという第4のレンジローバーに特有の魅力は何か。
それは素晴らしいグランドツーリング性能に他ならない。速度が増すにつれてオンザレール感覚でスイスイと走るサマは、もはやSUVのそれではなかった。
できれば6気筒ディーゼルに乗りたいところだが、ガソリンV6 SCでも普段使いには十分だ。デザインだけではなく走りの面でも、もはや、世のクーペを出し抜いている。

▲ファースト・エディションを含め33グレードをラインナップ。2Lディーゼルターボ(699万~1053万円)、250psの2Lターボ (715万~1069万円)と300psの2Lターボ(778万~1132万円)、3Lスーパーチャージド(908万~1262万円)が用意された
▲ファースト・エディションを含め33グレードをラインナップ。2Lディーゼルターボ(699万~1053万円)、250psの2Lターボ (715万~1069万円)と300psの2Lターボ(778万~1132万円)、3Lスーパーチャージド(908万~1262万円)が用意された
▲インテリアもシンプルで美しい仕立てに。2つのタッチスクリーンを用いた最新インフォテインメントシステムを採用。リストバンド型アクティビティキーも用意する
▲インテリアもシンプルで美しい仕立てに。2つのタッチスクリーンを用いた最新インフォテインメントシステムを採用。リストバンド型アクティビティキーも用意する
▲ラゲージフロアは通常673L、分割可倒式リアシートを倒せば最大1731Lとなる
▲ラゲージフロアは通常673L、分割可倒式リアシートを倒せば最大1985Lとなる
【SPECIFICATIONS】
■グレード:FIRST EDITION ■乗車定員:5名
■エンジン種類:V6DOHCスーパーチャージャー ■総排気量:2994cc
■最高出力:380/6500[ps/rpm]
■最大トルク:450/3500[N・m/rpm]
■駆動方式:4WD ■トランスミッション:8AT
■全長x全幅x全高:4820x1930x1685(mm) ■ホイールベース:2875mm
■車両価格:1526万円

text/西川淳
photo/ジャガー・ランドローバー・ジャパン 【関連リンク】
ランドローバー レンジローバー ヴェラール(初代)のカタログはこちら

外部リンク(日刊カーセンサー)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス