最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

モチベーションはなぜ薄れてしまうのか? 自己啓発セミナーが麻薬である理由<魂が燃えるビジネス>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


いまの仕事楽しい?……ビジネスだけで成功しても不満が残る。自己啓発を延々と学ぶだけでは現実が変わらない。自分も満足して他人にも喜ばれる仕事をつくる「魂が燃えるビジネス」とは何か? そのヒントをつづる連載第36回

「自己啓発セミナーに出てるときはモチベーションが上がるけど、翌朝にはすっかり元通りになってしまう。あの時の強い気持ちはいったいどこに消えてしまったんだろう?」

これはセミナーに限らず、自己啓発書を読んでいてもよく起こります。読んでいる間は「すげぇ、これで俺も成功者まで一直線だ!」とハイテンションだったのに、仕事に戻ったら仏像のような冷めた目線でルーチンワークをこなすだけ。あなたも似たような経験があるかもしれません。

この謎のモチベーション低下に対する私達の反応は二通りです。一つは「自己啓発なんてウソっぱちだ。宗教だ」と足を洗います。もう一つは「モチベーションが下がったのは自分が未熟だからだ。勉強が足りないからだ」と何十万円もするようなセミナーに再び参加します。失われた情熱を取り戻そうとセミナーに繰り返し参加する後者は、麻薬に溺れる中毒者にそっくりです。

しかし、そのような態度は本来の自己啓発ではありません。自己啓発とは文字どおり、「自己を啓(ひら)く」ためにあります。それなのにセミナーで他人の成功例を聞かされて、「私もあの人みたいになりたい。ここにいればそうなれるんだ」と思い込まされるのは、自己啓発とは正反対の態度です。しかも数十万円ものお金を出しているとなると「高い勉強代」では済まされません。そのお金でできるはずだった色々な機会を逸してしまいます。

モチベーションを上げたいのなら、その根拠は自分自身に求めましょう。誰かに無理やり植え付けられても、心には根付きません。恒常的なモチベーション源にはならないのです。だからこそ高いお金を出して何度も通うハメになります。

しかしこれまでの自分の過去を見つめ直し、これから目指す成功像を内面から作り上げれば、それがあなたから失われることはありません。心ある主催者であれば、「私のようにやれば上手くいきますよ。私のようにやりなさい」とは言いません。自分の話を通じて、相手の心に自信が芽生えるような仕掛けをちゃんと施しています。自己啓発を名乗りながら、相手を自分の言いなりにするのは背信以外の何物でもありません。

あなたにまだ自信がなければ、「私にはモチベーションになるような根拠なんてない」と思うかもしれません。しかし、それは「ない」のでなく「見えない」だけです。私たちは常日頃、自己を挫かれるような体験をたくさんしています。その中で自分は大したことがない、何の取り柄もない、と思い込まされています。

しかし、本当は大したことがあるかどうかなんて関係がないのです。自分が心から楽しめることを誰かが喜ぶ形でやっていれば、次第に人が集まり、それが生き甲斐やお金に変わります。60億の人類全員を調べたわけでありませんが、今まで一度も楽しかったことも、得意だったことも、感謝されたこともないなんて人間なんていません。少なくともこれを読んでいるあなたはそのはずです。

それなのに才能などという尺度を持ち出すから、自分で自分を否定してしまいます。自分の内にある種子を否定するのではなく、肯定することこそが自己啓発です。自己啓発本をたくさん買ったり、高額セミナーに参加するのが自己啓発ではありません。

もちろんなかには大変勉強になる内容もありますが、全員が同じ結果になるわけがありません。大学受験で同じ予備校に通ったり、同じ参考書を読んでも、同じ結果になるとは限りません。吸収できるかどうかはいつだって自分次第、成長をもたらすのは「自分はどうだっただろう? 自分ならどうするだろう?」という問いかけです。

【佐々木】

コーチャー。自己啓発とビジネスを結びつける階層性コーチングを提唱。カイロプラクティック治療院のオーナー、中古車販売店の専務、障害者スポーツ「ボッチャ」の事務局長、心臓外科の部長など、さまざまな業種にクライアントを持つ。現在はコーチング業の傍ら、オンラインサロンを運営中。ブログ「星を辿る」


外部リンク(日刊SPA!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス