バレンタインデーに浮気がわかる!?当日のチェックポイントはどこか?

JIJICO

2018/2/11 07:30



バレンタインデー、ちょっと夫の様子を観察してみよう
毎年、この時期になると、勧告というか、警告のように、「バレンタインデーの危険」を説いています。以前もコラムで書いた記事も併せてお読み頂けると、バレンタインデーの意味がお分かりになると思いますのでご参考に。
さて、本日のテーマは「バレンタインデーに浮気がわかる!チェックポイントはどこか?」です。それはすでに不倫が始まっているか?今からなのか?で、ちょっと違いますが、ある程度共通する部分もあるので、2月14日は、ちょっとご主人の様子を観察しましょう。
「今夜ちょっと遅くなる」とか「夕飯はいらない」いう風に朝出かける際に告げたなら、それは聞き流しながら、観察しましょう。
まず、朝ですが、お気に入りのカッターシャツやネクタイを選んでいたり、カバンにオーデコロンを忍ばしているなら、危険度は高いですが前日の夜、爪を切ったり、鼻毛抜きをしていたら(笑、年齢にもよりますが)身だしなみに入念なら、翌日のバレンタインデーは、有事?の日かもしれません。

■夫の帰宅後の「様子」と「匂い」に怪しさがあらわれる?
でもやはり一番、分かるのは後手かもしれませんが、その日の帰宅後でしょう。それが分かるのは「様子」と「匂い」です。この匂いはスメルの匂いというより、よく犯罪の時に使う言葉「何か匂う」という事です。
日ごろから、夫に浮気の疑いがある場合は、帰宅後、わざと「あれ?何?この匂い?」と夫の周りで鼻をクンクンさせるだけでも、やましい事があるご主人の動揺が見れるでしょう。
それは本当に匂いがなくても、妻が夫に対して「何か匂う」というカマを掛けるだけでいいのです。そこでご主人は動揺を隠しつつ、「何を言ってるんだ」と、一笑にふすなら余裕のあるひとですが、怒るようでは、かなり怪しい。だって、こちらは「女性の香水」なんて一言も言ってないのです。タバコくさいか?酒臭いか?別の何の匂いとも言ってないのに、怒るなんておかしいのです。
でも、本当に大事なのは、ここからです。
妻に「匂う」と言われた夫は、自分の部屋行ったら、必ず、自分で自分の服などをクンクンと、チェックするはずです。この様子を、そろ~っと着いて行って部屋のドアを少し開けて見られたら、いいですよね。
つまり、意外と単純な事なのです。
何か、仰々しく証拠を押さえるとかではなく、やはり「様子」という雰囲気から判断するしかありませんが、逆に奥様が、こんな時だけ過敏になるのではいけません。普段からご主人の様子を猜疑心ではなく、健康面などにも気を配る意味から、妻として観察していたら、本当に浮気を始めたら分かります。
そんな「始まり」にも気が付かず、バレンタインデーの日にいきなりチェックをすると、その妻の行動にもご主人は不信感をもつでしょう。大事な事は、日ごろから夫の様子が変わったかどうかぐらいも気づかなかったのなら、それこそが問題です。奥様は夫の変化くらいは気づく心の距離であってほしいですね。
(村越 真里子/夫婦問題カウンセラー)

あなたにおすすめ