最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

若見えしたければ頭皮を揉むべし! 毎日のケアでワントーン明るい肌色に!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



女性として、目指す理想像ってありますよね! かわいいと思われたい、優しくなりたい、オシャレになりたい、できる大人の女性になりたい、エレガントになりたい、そして若々しく見られたいなど……。
できることなら、日々自分磨きに精を出したい! と思っていても、そんな時間をゆっくりとるのは厳しい……という方も多いのではないでしょうか? 今回はそんな方にオススメのホームケアをお伝えしていきます。

頭皮の硬さは疲れのサイン!

以下のチェック項目で、みなさんはいくつ当てはまるでしょうか?

・ 頭皮が動かない、硬い
・ こめかみや耳上を押すと痛みがある
・ 目の上、眉下に疲労感がある
・ 顔色がくすんでいる気がする
・ 肩こりがひどい
・ 視力が悪い
・ 首や肩のこりがひどい

当てはまる項目が多いほど、頭皮がこっている可能性が高いです。そして、頭皮のこりを改善することで頭皮だけでなく顔の血行もよくなり、たるみケアにもつながります。

顔のたるみの原因は頭皮

人は日々、重力に逆らって生活しています。重力は上から下にかかっているので、顔の中で一番負荷がかかりやすいのが、頭頂部になります。そのため、頭頂部の皮膚が伸びきってしまうことでフェイスラインのたるみにつながってしまうのです。頭頂部の皮膚をマッサージで動かしてほぐしてあげることで、たるみを本来の位置へと近づけることに役立つのです。

頭皮を柔らかくする生活習慣

頭と顔を分けて考えるのではなく、頭も顔だということを意識することがとても大切です。
スキンケアを毎日行うのは当たり前ですが、それと同じ感覚で頭皮も毎日ケアする習慣をつけましょう。
でも、頭皮ケアにゆっくり時間をかけるのは難しいという方も多いですよね。そこで、日々の生活の中での「ながらケア」をご紹介しますので、ぜひ試してみてください。

シャンプー前の頭皮マッサージ



体と一緒で、頭皮も温めるとほぐれます。シャンプー前のお湯シャンタイムを普段より少し延長させて、頭皮をしっかりと揉んでほぐしていきましょう。指の腹が直接頭皮に当たることを意識して、こっていて痛かったり、硬いと感じた部分は、重点的に揉みほぐしていきましょう。

シャンプーは地肌を洗うもの

シャンプーは髪の毛を洗うものと思っている方も多いですが、主な目的は髪以上に地肌を洗うこと。耳上から頭頂部に向かって引き上げるように、マッサージしながら頭皮を洗います。頭皮の汚れを取り除くことでより血行もよくなり、髪の毛の艶もアップします。

タオルドライは頭皮に刺激を与えながら

タオルドライもシャンプー同様に頭皮を拭いていく感覚が大切です。頭皮を下から上に向かってタオルドライすることで、髪の毛も立ち上がるので、ドライヤーで乾かすのも楽になります。自然な根元の立ち上がりは若々しい印象を与えるので、このタオルドライはセットをする上でもとても重要です。

ドライヤー時の指の動きで血行促進

タオルドライで、水分をとったら、ドライヤーでも地肌を乾かしていきます。顔周りのサイドの髪の毛は指を縦に入れて乾かし、トップは指を横に動かして乾かします。そうすることで、頭皮の血行促進と、自然なヘアスタイルを作ることができます。

血色、艶の両方の若見え効果



今回ご紹介した内容で、お気づきの方もいるはずですが、シャンプー、ドライヤーは頭皮のケアのためのものです。「頭皮は顔」――このことを意識することで今まで髪の毛だけに向いていた意識を頭皮に向けてみてください。
それだけで、顔の印象が明るくなる効果だけでなく、髪の毛の状態もきっとよくなります。
毎日する作業にほんの一手間加える。ほんの一手間が毎日続くことで大きな変化につながります。

ながら頭皮ケア、ぜひ毎日のケアに取り入れてみてください。

外部リンク(女子力アップCafe Googirl)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ガールズコラム最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス