乳幼児向けプレイルームで21歳職員の男が4歳女児に性的暴行(米)

米カンザス州にあるYMCAの乳幼児向けプレイルームで、男の職員による幼女性的暴行事件が起きた。容疑者は優しそうな雰囲気を湛えた21歳。幼い子供を育てる家庭にとって非常に危険なこの男に対し、裁判所は10万ドルの保釈保証金を設定したが…。

カンザス州ウィチタ市警察の発表をもとに地元メディアの『The Wichita Eagle』などが伝えたところによれば、幼女性的虐待・暴行事件が起きたのは、ウィチタにあるDowntown YMCAの“KidZone”という生後6週間から7歳の子供を対象としたプレイルーム。ここは保護者が各種クラスに参加している間、子供を預かる場所だという。

事件が起きたのは先月29日のことで、犠牲になったのは4歳の女の子。ほかに3歳児が被害にあったとするメディアもあるようだ。警察はその後、ケイレブ・ギャストンという21歳の職員を事件の容疑者として逮捕。10万ドル(約1,088万円)の保釈保証金が設定されたが、これを支払ったことでギャストンの身柄は保釈となり、予備審問は今月15日に予定されている。

なお、ギャストンはウィチタ市のDowntown YMCAとEast YMCAの両施設で勤務していた。犠牲になった幼児の両親はもちろん、ここにわが子を預けていた保護者たちも一様にショックを受けている。純粋無垢な幼い子供が本当に可愛いとして真面目に勤務している男性職員たちが、不純な動機でこうした世界に紛れ込む小児性愛者のせいでどれほどの精神的負担を強いられているか、彼らの失望感や怒りは察するに余りある。職員の採用時には入念な適性検査により不適合者をしっかりとあぶり出して欲しいものである。

画像は『The Wichita Eagle 2018年2月6日付「Downtown YMCA child rape defendant released from jail; bond was $100,000」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 Joy横手)

あなたにおすすめ