のん「今までで一番難しい仕事」ゲーム声優初挑戦

ザテレビジョン

2018/2/10 23:13

のんが、2月10日に千葉・幕張メッセで開催中の「ジャパン アミューズメント エキスポ2018」内で行われたKONAMI「クイズマジックアカデミー ロストファンタリウム」配信記念イベントに登壇した。

「クイズマジックアカデミー」シリーズは、2003年にアーケードゲームで登場して以来、家庭用ゲームやオリジナルアニメなど、幅広くコンテンツを展開。今回、初めて配信することになったモバイルゲームでは、これまでのシリーズの世界観はそのままに、いつでもどこでもクイズが楽しめ、マルチプレーシステム搭載やアーケードゲームとの連動など充実した機能を備えている。

のんは、ゲームの新キャラクターとして登場する“識神メティス”の声を担当。「(オファーを受けて)すごくびっくりしました。新キャラだし、重要なキャラクターだったので頑張らなきゃって思いました」と語る。

ゲームの声優は初挑戦となるが、「今までやってきた仕事の中で一番難しいかもしれないなって思いました。キャラクターが静止の画なので、気持ちを込めるということ以外にも施さないといけないことがたくさんあって、それがどうやればいいんだろうって悩みました。動かないメティスに対して、声でこの子がどういうふうにしゃべるキャラクターなのかって表現しないといけないのがすごく難しかったです」とコメント。

「抑揚や声の強弱など、強めに作っていかないと伝えられないので、苦労しました。でも、もっとこうすればよかったかなとか(後で)見つけられたので、すごく勉強になりました」と反省しつつも、笑顔を見せた。

最後に、「本当にメティスちゃんはかわいくて、素晴らしいキャラクターが出てきます。すごく楽しいゲームですので、ぜひプレイしてみてください」とPRした。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/137008/

あなたにおすすめ