最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

イヤイヤ期の「湯冷め対策」にオススメ!髪を早く乾かすコツ&グッズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
source:https://www.shutterstock.com/

寒い日が続いているとお風呂上りは一刻も早く髪を乾かしたいですよね。

子どもとお風呂に入るといつもバタバタで乾かす時間をなんとか短縮したい! と思っているママも多いのではないでしょうか。

今回は、冬こそ知りたい! お風呂上りに髪を早く乾かす方法やオススメアイテムを紹介します。


▼髪の毛を早く乾かす方法ってある?


イヤイヤ期のわが子は、お風呂を出た後にバスタオルで体を拭かれるのを嫌がり、拭こうとすると逃げてしまう事があります。

体を拭くのも、髪を乾かすのも毎日一苦労!

そこで、身体を拭くのはお風呂を出る前に、浴槽内で水分をほぼ拭いてしまいます。浴槽のお湯を出る時に抜いてしまい、お湯が無くなってから浴槽内で身体を拭いてしまうのです。

後に湯船につかる人がいる場合は難しいかもしれませんが、家の中を逃げる子どもを追いかけて体を拭くのに困っているわが家では、この方法にしてからとっても楽になりました。

脱衣所に出た後は拭き残しを軽くふく程度で済むので、湯冷めすることもなく冬にはオススメの方法です。

乾燥が気になる時などは、保湿剤もお風呂の中でぬってしてしまいます。

▼早く乾かしたいママ必見!オススメ便利アイテム2つ


お風呂上りにわが子の相手をしていて気が付けばママが湯冷めしている、なんて方も多いのではないでしょうか。

そこで子どももママも使えるアイテムを紹介します。

(1)高吸水タオル

MIZUNO(ミズノ) スイムタオル 高吸水 セームタオル 85ZT75127 ブルー プール 水泳
source:https://www.amazon.co.jp

ドライヤーで乾かす前にしっかりと髪の毛の水分をタオルドライしておくと、乾きも早いです。

“吸水タオル”は普通のタオルと比べると、とても早く水分を吸収し使いやすいので良いですよ。

特に水泳用の「セームタオル」は吸水性に優れているので、濡れた髪も素早く水分を吸収し、バスタオルのように厚みもないため、バザバサと広げる場所もとらず、時短したいママにはぴったりのタオルです。

筆者の家ではお風呂の中でセームタオルを使い、脱衣所で拭き残しをバスタオルで軽く拭くだけで過ごしています。

水分を含んでも絞れば何度でも使えるので1枚あるととても便利です!

わが子はセームタオルを濡らすと色が変わるのが楽しいようで、お湯をかけたり絞ったりして遊んでいます。
photo by author

関連記事: 「バスタオル」の干し方がポイント?冬の洗濯物を早く乾かすコツ

(2)卓上ドライヤー

アイリスオーヤマ ドライヤー ハンズフリー シャンパンゴールド HDR-S1-N
source:https://www.amazon.co.jp

両手が空く卓上ドライヤーはとっても便利です!

髪の毛を乾かしながら保湿剤をつけたり、着替えさせたりすることもできますし、椅子に座わらせて絵本や動画などを見ている間に髪の毛を乾かすことができます。

両手で髪の毛を持ち上げて頭皮から乾かすことも、ブラッシングも両手で行えるので簡単です。

ママもスキンケアやボディケアをしながらドライヤーが出来るので、美容にかける時間の短縮につながります。

強風ドライヤーよりは風力は弱いかもしれませんが、ドライヤーがまだ重くて持てない子どもが自分でも乾かすことができる卓上ドライヤーはオススメです。

関連記事:赤ちゃんの赤ら肌は乾燥に注意!「お風呂でのスキンケア」とは?[PR]

毎日の入浴後、髪を乾かすのに困っているママはぜひお試しくださいね。

いつも使っているタオルやドライヤーを替えるだけで育児がとっても楽になると思いますよ!

【参考・画像】
※ MIZUNO(ミズノ) スイムタオル 高吸水 セームタオル – Amazon
※ アイリスオーヤマ ドライヤー ハンズフリー – Amazon
※ Evgeny Atamanenko / Shutterstock 

外部リンク(It Mama)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ガールズコラム最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス