最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

「銀河英雄伝説 Die Neue These」主題歌、OPはSawanoHiroyuki[nZk]、EDはELISAの新曲

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SawanoHiroyuki[nZk]
SawanoHiroyuki[nZk]
 4月から放送を開始するテレビアニメ「銀河英雄伝説 Die Neue These(ディ・ノイエ・テーゼ) 邂逅」の主題歌が発表された。オープニング主題歌は「進撃の巨人」「七つの大罪」など数々のヒットアニメの音楽を手がける澤野弘之によるボーカルプロジェクト「SawanoHiroyuki[nZk]」の「Binary Star」、エンディング主題歌は「魔法科高校の劣等生」「91Days」の主題歌を歌ったアニソンアーティストのELISAによる「WISH」に決定した。

SawanoHiroyuki[nZk]には、「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」のエンディング主題歌を歌った女性シンガーのUru(ウル)が参加。Uruは「お話をいただいた時に『Binary Star』を聴かせていただき、どこまでも広がって行くような空間的な大きさを耳で感じました。今までにあまり歌ったことのない雰囲気の楽曲に、私の別な一面を引き出していただいたような感覚です。宇宙の広大なイメージと曲がリンクしてできあがった音源を聴いた時は鳥肌が立ちました」と楽曲の仕上がりに自信をのぞかせる。澤野は「オープニングテーマ曲としてバラードを制作したのは[nZk]として初になります。『銀河英雄伝説 Die Neue These 邂逅』の世界観とともに楽しんでいただけたら幸いです」と話している。

「Binary Star」のCDは、通常版1250円と、DVD付きの期間生産限定盤2種各1500円が、4月25日に発売される。「WISH」は通常盤1111円のほか、DVDが付属する初回生産限定盤1389円と期間生産限定盤1296円が、5月2日にリリース(価格はいずれも税抜き)。

「銀河英雄伝説 Die Neue These」は、シリーズ累計発行部数1500万部を超える田中芳樹氏の大河SF小説「銀河英雄伝説」を、「攻殻機動隊」シリーズのProductionI.Gが、第1巻「黎明篇」から新たにアニメ化する作品。未来世界を舞台に「戦争の天才」ラインハルト・フォン・ローエングラム率いる銀河帝国と、「黒髪の魔術師」と呼ばれる智将ヤン・ウェンリーの所属する自由惑星同盟が繰り広げる、果てしない抗争を描く。テレビシリーズ「邂逅」全12話に続くセカンドシーズン「星乱」全3章(全12話)も、2019年にイベント上映される予定だ。

外部リンク(アニメハック)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

アニメ・マンガ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス