恋愛を長続きさせるために交際1年目にチャレンジすべきこと4つ




大好きな彼といつまでも一緒にいるためには、やはりお互いにそれなりの努力が必要。そこで今回は、恋愛を長続きさせるために、交際1年目にチャレンジすべきことをまとめてみました。

交際1年目にチャレンジすべきこと

将来について考えていることをしっかり確認する



「そのうち彼が気づいてくれるかも」とか「きっと彼は変わってくれるはず」とか、話し合いをしないで彼に期待するのはだめ。あなたは「あと2、3年したら結婚したいなぁ」と考えているのに、ある日彼が「一生結婚したくない」という発言をしたとしたら、そこはスルーせずにしっかりと話し合いましょう。不安を抱えたまま付き合っていても、どこかの時点であなたの不安は爆発してしまいますよ。あなたの時間を無駄にしないためにも、お互いに考えていることを確認する勇気を持ちましょう。

お互いに会う時間をちゃんとつくること

恋人を最優先にする必要はないけれど、一番後回しにしてしまうと、相手は大切にされていないと感じてあなたのもとから去っていってしまうでしょう。趣味や仕事に忙しい日々を送っていたとしても、真剣に交際していくつもりなら、お互いに会う時間をちゃんとつくることが大切。一人の時間も恋人と一緒に過ごす時間も、両方楽しめるようにバランスのよいスケジュール管理ができるよう努力しましょう。

トラブルが発生したときの解決法を見出すこと



彼に嫌われたくないから、本当は「嫌だなぁ」と思っていることを口に出さない。はたまた、ケンカになるたびに別れ話をちらつかせるということをしていると、どんな人と交際しても絶対にうまくいきません。今まで彼に思っていることを言えなかったあなたは、勇気を出して彼に手紙を書いて伝えてみましょう。そして別れ話をちらつかせてきた人は、まずその卑怯な手をつかうことをやめて「ちょっと冷静になるまで時間が欲しい」と伝えてその場を一旦去るようにしてみてください。

文句よりも感謝の言葉をもっと伝える

恋人と仲よくなると、だんだんと相手にいろんなことを口出ししたくなってくるもの。しかし、あれやこれやと口出しや文句を言われてうれしい人なんていません。例えば、あなたが彼にお掃除をお願いして、彼がやってくれたとします。でも、あなたの目から見ると「いったいどこを掃除したの?」と思うほど粗があるかもしれません。こんなときには、悪気なく思ったことを言ってしまいそうになりますが「お願いしたことをやってくれた」という事実にフォーカスを当てて「ありがとう」と言えるようになるとベスト! 文句を言いそうになったときには、逆に「ありがとう」と言えることはないか探してみてください。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス