最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

R指定作品は無し? ディズニーが始める動画配信サービスは思ったより無難なものになるのかも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
180209_disney_subscription_service
Image: Shutterstock.com

NetflixやHulu、Amazonがエッジの効いたコンテンツをバンバンと配信している中、天下のディズニーもオンデマンド動画配信サービス業界に参入するというのが昨年話題となりましたが、果たしてどんなサービスになるのか。最近海外メディアが報じたニュースと共に見ていきましょう。

Deadlineが報じた内容によると、サービスのスタートは2019年末予定で価格は未定。最初はアメリカ国内でサービスを開始し、随時国外での展開をしていくとのこと。

配信作品は、基本的にディズニーブランドのものが配信され、R指定の作品は無し。ディズニー系のR指定作品はHuluで配信される予定とのこと。

ディズニーは、20世紀フォックスを買収したので、そのフォックスが経営権を持つHuluをそのようなプラットフォームとして使っていくのですね! 要するに『デッドプール』のような作品はHuluで見れるということになるのかな。

では、マーベルの映画はディズニーの配信サービスで見れるのかというと、現状は今配信権を持っているところがそのまま配信する形になるとのこと。

そして何より気になるオリジナルコンテンツで大きな目玉となりそうなのは、すでに報じられている『スター・ウォーズ』のTVシリーズでしょう。まったく内容は判明していませんが、先に報じられた『ゲーム・オブ・スローンズ』のクリエイター陣によるスター・ウォーズとは関係なさそう。

また、『モンスターズ・インク』のTVシリーズや、いくつかの実写映画が劇場ではなく配信限定となる見込みとのこと。

といった具合で既存の配信サービスと比べて、配信サービスじゃなきゃ出来ないエッジなオリジナル作品を揃えるという感じではなく、ディズニー系チャンネルが今までやってきたような番組をオンデマンド動画配信サービスでもやりますという立ち位置なのかも。

かなりの予算が用意されるとも書かれていますが、もしこのままサービスが展開されるのだとしたら、思っていた以上に普通で、ちょっと拍子抜けではありますね。

ただ、あくまでこれはまだ公式発表ではないので、ディズニーがもしかすると凄まじい隠し玉を持っている可能性も十分あります。日本でのサービス開始はまだまだ先となりそうですが、楽しみに待っておきましょう。

Image: Shutterstock.com
Source: Deadline via The Verge

傭兵ペンギン

外部リンク(ギズモード・ジャパン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

おもしろ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス