最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

車いすの男性に「お金を貸して」といわれた女性 承諾すると、信じられない展開に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※写真はイメージ
子どものころ、「困っている人がいたら、助けてあげよう」と教わったことでしょう。優しい心を持って誰かを思いやることは、とても素敵なことです。

しかし、時にはそういった『善意』を利用しようとする人もいます。

ある女性がTwitterに投稿した体験談が話題になっています。

自称・障がい者から、卑劣な詐欺に遭った女性が注意喚起

2018年の2月、投稿者さんは新宿駅の近辺を歩いていました。

すると、車いすに乗った40~50代と思われる男性に声をかけられたといいます。

「八王子駅に忘れ物をしてしまいました。
ICカードの中に450円しか入っていないので、お金を貸してくれませんか?」

※写真はイメージ

耳が不自由な人が文字を指して使う『電話お願い手帳』の50音表で、そう伝えてきた車いすの男性。

緊急時には交番でお金を借りられることを知らなかった投稿者さんは、困っているであろう目の前の男性を助けることにしたのです。

しかし、投稿者さんが頼みを承諾すると、男性の頼みは増えていきました。

「八王子までの交通費を貸してほしい」

「この後、ネットカフェに泊まりたい」

「夕ご飯と、朝ご飯も買いたい」

先ほどまで「交通費を貸してくれ」といっていたにもかかわらず、男性は「5000円を貸してくれ」といい出したのです。

投稿者さんは違和感を抱くものの、男性が申し訳なさそうに丁寧な口調で頼んできたため、しぶしぶ了承してしまったといいます。

その後、電車に乗るため車いすを押していると、投稿者さんはこういわれました。

「百貨店の4階に、秘密の場所があるんです。そこに連れて行ってください」

男性の行きつけのお店があるのかと思い、車いすを押しながら指定された場所へ向かった投稿者さん。

しかし、到着した場所にあったのは多目的トイレでした。

「介助が必要だから、助けてください」

そういわれた投稿者さんは、戸惑いました。相手は男性で、投稿者さんは女性…しかし、周囲には人が見当たりません。

「もし漏らしてしまったら」とパニックになっている最中に男性から「早く」と急かされ、混乱したままトイレに入ってしまいました。

※写真はイメージ

不幸中の幸いか、投稿者さんの身体に抱きつきながら立ち上がる以外は何もなかったものの、投稿者さんは大きな不快感を抱きます。

「一刻も早く、この人から逃げたい」と思った投稿者さんは、勇気を出して男性にこういいます。

「すみません。バスの時間が迫っているので、これ以上は付き合えません。本当にごめんなさい」

そう告げ、2人は当初の目的地であった改札前まで行くことになりました。

去り際に「お金を貸してください」といわれ、早く逃げたいという気持ちからお金を渡してしまったといいます。

その後、不審に思い警察に話をすると…

車いすの男性の言動を不審に思った投稿者さんは、警察に相談することに。警察から告げられたのは「それは詐欺です」という言葉でした。

「トイレへ一緒に入ることや、お金を渡すのはとても危険な行為です。それは、行き過ぎた善意ですよ。

おかしいと思った時点で、110番をしてください。『こんなに小さなことで…』なんて、考えなくても大丈夫です。それは警察が判断しますから」

警察によると、今回の場合は最初に「お金を貸してくれ」といわれた時点で110番をしてもよかったといいます。

善意を利用した詐欺があることを知り、投稿者さんは大きなショックを受けました。

また、投稿者さんが調べたところ、新宿駅近辺で似たような被害が多数見られるのだとか。今回の男性は、常習犯の可能性もあると踏んでいます。

善意を利用されないために

「車いすだから」「困っていそうだったから」「ヘルプマークがついていたから」…そういった理由で、投稿者さんは男性の頼みを断ることができませんでした。

自分の行動を省みて、「私はバカだ」と自責の念にかられたという投稿者さん。

あの時はひたすら「断ったら傷付けてしまうかも」「助けてあげないと」という気持ちでいっぱいだったそうです。

今回の件を受け、このように多くの人に注意を呼びかけました。

もし、本当に男性が障害を持っていたとしても、介護の知識がない私が介助するのは、危険な行為です。

本来なら、店員や駅員、警察に頼むところを、すれ違っただけの私に助けを求める時点で違和感を覚えるべきでした。

今回は5000円を渡してしまいましたが、私の身体に何も危害が及ばなかったのは本当に幸運なことだと思います。

もし、これを読んでいる人が似たような状況に遭ったら、自分で「どうにかしてあげよう」とは考えず、すぐに110番をしてください。

困っている人を助けたいと思う善意は、本当に素晴らしいものです。

ですが、残念なことにそういった善意を利用しようとする、悪意にまみれた人も存在します。人を傷つけないようにした結果、自分が傷ついてしまう可能性もあるのです。

「人を疑うなんて失礼だし…」という気持ちは分かります。

ですが、そういった場合は万が一のことを考え、周囲の人に声をかけたり、警察に電話をしたりするようにしましょう。

※掲載の許可は頂いておりますが、投稿者様の希望で匿名にしております。


[文・構成/grape編集部]

外部リンク(grape)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス