小樽雪あかりの路・運河会場そばの人気スイーツ&洋食店ならこの3店

Walkerplus

2018/2/10 15:00

「小樽雪あかりの路」メイン会場のひとつでもある、小樽運河。歴史的建造物など見どころいっぱいの人気スポットですが、立ち寄りたいお店もいろいろ。そこで、散策の休憩やお土産探しにぴったりな人気スイーツ店や、地元産の素材にこだわった洋食店など、選りすぐりの3店を紹介します!

■ 雪あかりの路限定メニューも! 「あまとう 小樽運河店」

マロンコロンで知られる小樽の老舗洋菓子店。「運河ターミナル」内にあって、多彩な洋菓子が販売されています。計47席のイートインも併設されているので、運河散策の際に立ち寄ってお土産を買ったり、ひと休みするのにおすすめ。

イートインのおすすめは、「雪あかりクリームぜんざい」(730円)。おたる雪あかりの路開催期間だけのレアメニューですよ! あまとう名物のクリームぜんざいに黄桃とイチゴがマッチした、スペシャルな味わいは要チェックです。

また、「あまとう」の代名詞といってもいい、人気クッキーが「マロンコロン」(1個180円)。しっとりサクサクの食感で、お土産にはもちろん、散策中のおやつにもいいかも!

あまとう 小樽運河店 ■住所:小樽市色内1-1-12 運河ターミナル内 ■電話:0134・31・0141 ■時間:9:00~18:00※小樽雪あかりの路期間中2018年2月9日(金)~18日(日)は~21:00 ■休み:水曜※小樽雪あかりの路期間中はなし

■ 眺めよし!なカフェでケーキ「ル・キャトリエム運河通り店」

「ル・キャトリエム」は、地元で人気のケーキ店。こちらの「運河通り店」は、1階でケーキを販売しているほか、2階がカフェになっていて、大きな窓から運河が眼下に眺められるんです。

おすすめのケーキは、ラズベリーの酸味がさわやかな「ルージュ」(380円)。ツヤツヤの美しい赤に目を奪われます。ケーキは持ち帰りのほか、2階で味わうこともできます。素敵な空間でいただくスイーツは格別ですよ。

ル・キャトリエム運河通り店 ■住所:小樽市色内2-3-1 ■電話:0134・27・7124 ■時間:11:00~19:00(LO)、火曜のみ~17:00(LO) ■休み:水曜 ■イートイン席数:36席(禁煙)

■ 旬の道産素材を熟練の技で「洋食屋マンジャーレTAKINAMI」

JR小樽駅からまっすぐ運河へ下り、中通りに入った場所にある「洋食屋マンジャーレTAKINAMI」。「小樽運河プラザ」のすぐそばです。

道内産をはじめとする旬の素材を使った料理を多数そろえていて、海の幸や野菜など地元産にもこだわっています。店内の雰囲気も温かく、熟練の店主による四季それぞれの料理をゆったりと楽しめます。

シェフの熟練技が光る定番メニューは「パエリア(2人前より)」。 2人前が3300円、3人前で4950円。盛りだくさんの新鮮な魚介はしっかり下調理され、素材の味が存分に引き出され、ひと口ごとにうま味があふれます。

こちらは、「しりべしコトリアード」(1400円)。素材はすべて、小樽周辺エリアの後志(しりべし)産を使用しています。「コトリアード」とはフランス・ブルターニュ地方の郷土料理で「食べるスープ」という意味。クリーミーな味わいは、運河散策で冷えた体を優しく暖めてくれそうです。

見どころいっぱいの雪あかり会場をじっくり堪能しつつ、小樽運河近辺の絶品スイーツや洋食でほっとひと息つくのもいいですね!

洋食屋マンジャーレTAKINAMI ■住所:小樽市色内2-1-16 ■電話:0134・33・3394 ■時間:11:30~15:00(LO14:00)、17:30~21:30(LO20:00)※閉店時間変動あり ■休み:水曜(ほか不定休あり) ■席数:23席(禁煙)(北海道ウォーカー)

https://news.walkerplus.com/article/136234/

あなたにおすすめ