『フィフティ・シェイズ』最新作 甘美なアイスクリーム・シーンをジェイミー・ドーナンが語る

官能小説を映画化して世界的な大ヒットとなった『フィフティ・ シェイズ・オブ・グレイ』。SMに溺れる男女を痛々しくも美しく演じている俳優ジェイミー・ドーナンと女優ダコタ・ジョンソンの人気は高まるばかりだ。シリーズ最終作となる第3弾が公開を迎えるアメリカでは、そこに登場する“アイスクリーム・シーン”が早くも話題になっているが…。

官能的な映画『フィフティ・ シェイズ』シリーズが大変な支持を得ていることについて、少し前には『Details』誌とのインタビューで「主人公の“クリスチャン・グレイ”をこの俺が演じたことに激怒している人が大勢いる」と漏らしていた主演のジェイミー・ドーナン。2013年に結婚した女優のアメリア・ワーナーとの間には子供もおり、家庭を大切にする彼にとって、初々しい処女に出会い、彼女の性の悦びを開花させながら2人でSMに溺れていく、そんな男を演じ切ることは簡単ではなかったようだ。

そんな『フィフティ・シェイズ』シリーズの最後の1本となる最新作、ジェームズ・フォーリー監督がメガホンをとる『フィフティ・シェイズ・フリード』がアメリカの2月9日に劇場公開を迎える。初心さの中にも性の悦びを知り、大人の女性へと変化を遂げた“アナスタシア” 。そして過去の暗い傷のせいで冷たさと翳りが交錯していたものの、アナスタシアには心を開くようになった実業家の“クリスチャン・グレイ”。演じるのはやはりダコタ・ジョンソンとジェイミー・ドーナンしかいるまい。

最新作品のなかで、彼らはアイスクリームを用いた甘美でセクシーなラブシーンを演じている。米芸能情報サイト『Access Hollywood』とのインタビューでそのシーンについての感想を尋ねられたドーナンは、まずは大きく失笑。続いて「カップルが実際にそれをやるとしたら…。僕としてはあまりお勧めはしたくないな」と苦々しい笑顔を湛えながら返答している。「冷たいし、すごくベタベタした感触だった。しかも素早く乾いてその粘着質な感じがイヤだったね。僕はそういうのは好きじゃないんだ」とキッパリ。撮影は冷えこむ真夜中、ほとほと疲れているなかで行われたといい、それでも情熱的で官能的なシーンにみせるため2人とも頑張ったという。

もっともこの映画をきっかけに、「再び情熱的な関係が戻ってきた」「おかげで今はメイクラブに夢中」「結果として子供を授かった」などと世の夫婦、カップルからはハッピーなコメントが続出している。『フィフティ・シェイズ』シリーズはイギリスでベビーブームを巻き起こしているという説も流れており、ドーナンもまんざらではないもようだ。しかしこれでシリーズの撮影は終了である。「寂しくなりませんか」と問われると、ドーナンもそれを認めて「どんな役でもお別れとなると寂しいものさ。“クリスチャン・グレイ”を演じて1年半以上が経ったし、もうお別れだと僕自身もわかっている。俳優としてのキャリアの中でこの役は非常に大きな位置を占めていることを感じるね」と語った。

ピアノで寂しげに静かな曲を弾く姿もセクシーで、言葉の数は少ないがとにかくセンスのよい会話を心がけているグレイ。メイクラブの誘いかけのスマートさ、言葉選びの上手さは世の男性陣に学んで欲しいほどである。ちなみに「お茶を煎れるよ」と言うグレイを引きとめたアナスタシアが、スプーンですくったアイスクリームをわざと彼の胸元にこぼしてそのシーンは展開される。大人しく無口な彼女の甘え方もお手本になりそうだ。

画像は『Furious Trailer 2018年1月30日公開 YouTube「FIFTY SHADES FREED Scene Anastasia Lick Ice Cream Movie Clip + Trailer (2018) 50 Shades Movie HD」』のサムネイル

(TechinsightJapan編集部 Joy横手)

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス