カズレーザー「ギリ大丈夫でした…」 仮想通貨不正流出騒動について語る

テレビファン

2018/2/10 13:21


 RPGゲーム「23/7 トゥエンティ スリーセブン」のスペシャルイベントが10日、千葉県千葉市で行われ、ゲストとしてお笑いコンビ、メイプル超合金の安藤なつとカズレーザーが登場した。

“失われた時間を取り戻す”というゲームの内容にちなみ「時間を操ることができたらいつに戻りたい?」と聞かれたカズレーザーは「2週間ぐらい前の自分のところに行って『仮想通貨控えた方がいいよ』『ちょっと危ないよ』と言ってあげたい」と答え、笑いを誘った。

先日、仮想通貨取引所から仮想通貨が不正流出した事件についてカズレーザーは「ギリ大丈夫でした」と語り、報道陣から「大分損失を出してしまった?」と突っ込まれると、「いえ、そんなことはないです。トントンぐらいです」と笑顔で明かした。

一方、安藤は、時間を操れるとしたら「何年後か分かりませんが、自分が死ぬ瞬間を見たい」とコメント。「何歳まで生きられるかを知りたい」そうで、「怖くないです。そうしたら、ダイエットをしたりして(体質を)改善し、未来を変えられるように頑張ります」と前向きに答えた。

また、間近に迫ったバレンタインデーの話題として安藤は「小学生の時、普通にチョコレートを渡した相手のお母さんが、ホワイトデーに私に直接(お返しを)持ってきたというのが悲しかった。いい思い出はないです」と話した。

カズレーザーも「思い出は全くない」そうで、「たくさん(チョコを)もらうのでは?」と突っ込まれると、「見ず知らずの人からもらったものなんて食べたくないです。要らなくないですか? 自分で食べたいものは自分で買うのがいいので」と返した。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス