最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

iPhone Xのカメラを光学4倍ズーム・超広角化するレンズを試してみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

iPhoneのカメラは非常に素晴らしい出来で、全自動で撮影するなら下手なコンデジより遥かに手軽に、そして期待以上の画を撮ることが可能です。実際筆者も暗すぎる環境、ピントが合いにくい被写体に悩まされたとき、仕事でもiPhoneを使うことはしょっちゅうです。

さてiPhone Xには望遠と広角のデュアルカメラが搭載されていますが、それでも「もっと引き寄せて撮りたい」、「もっと広く撮影したい」とワガママを言いたくなることがありますよね。そんな望みを叶えてくれるのが、コペックジャパンが販売するiPhone X用カメラケース「SNAP!X」と対応レンズラインナップです。

○ケース単体でも撮影が便利に

SNAP!Xにはレンズを装着できますが、単体でもiPhone Xでの撮影を快適に、そして楽しくしてくれます。それは物理シャッターボタンとグリップのおかげ。SNAP!Xを装着すると、カメラを左にして横持ちにすると、ちょうど右人差し指の位置に物理シャッターボタンが来ます。カメラ専用機の感覚でパシャパシャ撮影できちゃうわけですね。シリコングリップのホールド感もグッドです。

よくあるスマホ用望遠、広角レンズは、磁石やクリップで固定するものが多いですが、SNAP!Xはねじ込んでしっかりと固定します。飛んだり走ったりして乱暴に揺すっても、レンズがずれたり、はずれたりする心配はありません。

○画質は文句なし。解像感もぼけ味も良好

画質は個人的には文句なし。今回借用した望遠レンズとワイドレンズはどちらも13,500円とかなり高めですが、解像感は高いですし、ぼけ味も綺麗です。「レンズ交換式カメラで撮りましたよ」と言えば、ほとんどの人は疑いすらしないでしょう。bitplay SNAP!シリーズには、ほかにも4,000円前後でマクロレンズ、フィッシュアイレンズがラインナップされています。iPhone Xで標準カメラ以上の撮影を楽しみたい方には絶好の製品です。

外部リンク(マイナビニュース)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス