最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

簡単!親子で一緒に作りたい「バレンタインスイーツ」レシピ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
キャロブクッキー
photo by author

今年ももうすぐやってくる、バレンタインデー。

女性にとっても男性にとっても一大イベント! と考えている人も少なくないのでは……♪

高級で美味しいチョコレートやケーキを買って渡すのももちろん良いと思いますが、今年はお子様とご自宅で一緒に手作りしてみてはいかがでしょうか。

そこで今回は、お子様と楽しく作ることができる、バレンタインにぴったりなクッキーのレシピをご紹介いたします。

まだチョコレートが食べられない年齢のお子様でも、パパと一緒に食べられるよう、チョコレートやココアのようにカフェインが含まれていない、『キャロブ』を使ったクッキーのレシピです。

お子様のお手伝いポイントも盛り込んでいますので、是非参考にしてみてください。


▼まるでトリュフチョコ!? サクサク「キャロブクッキー」の材料

キャロブクッキー
photo by author

【材料】
・米粉(薄力粉)・・・70g
・キャロブパウダー(ココアパウダー)・・・10g
・砂糖・・・35g~40g
・バター・・・60g
・ベーキングパウダー・・・1g
・塩・・・ひとつまみ
・豆乳又は牛乳・・・20cc
・バニラオイル・・・2~3滴

◆トッピング 
・ココナッツファイン・・・30g
・ホールアーモンド・・・適量
・ホワイトチョコレート・・・適量
・粉砂糖・・・適量
・ココアパウダー・・・適量
・お好みのドライフルーツ・・・適量

▼子どもと一緒に♪キャロブクッキーの作り方


(1)ボウルに室温に戻して柔らかくなったバターを入れ、泡だて器で擦り混ぜてペースト状にする。

(2)(1)に砂糖を加え、さらに良く擦り混ぜる。

(3) お手伝いポイント★砂糖がしっかり混ざったら、泡立て器からゴムベラに持ち替え、米粉、キャロブパウダー、ベーキングパウダー、塩、バニラオイルを加えて混ぜ合わせ、ひとまとまりにする。袋の中に材料を入れ、手で揉みながら混ぜてもOK。

(5)生地が出来上がったら、転がしながら棒状に伸ばす(米粉を使う場合、まとまりにくいので手でよくこねながら作業する)。

(6)お手伝いポイント★(5)の生地をスケッパーやヘラなどで1cm幅くらいの大きさに切り分ける。
クッキー工程
photo by author

(7)お手伝いポイント★切った生地を一つずつ手で丸めて成型する。
クッキー工程
photo by author

(8)お手伝いポイント★丸めた生地にお好みでココナッツをまぶす。また、アーモンドを乗せる場合もこのタイミングで乗せる。

クッキー工程
photo by author
クッキー工程
photo by author


(9)すべての成型が終わったら、160℃のオーブンで30分焼く(オーブンに合わせて調整)。
クッキー工程
photo by author

(10)焼きあがったら、ケーキクーラーなどの上で冷まし、お好みの材料でデコレーションする。
クッキー工程
photo by author

お手伝いポイント★ココアパウダーや粉糖は、ビニール袋を使って振りながらまぶすと手が汚れず扱いやすい。
クッキー工程
photo by author

(11)お好みの箱に詰めたら完成!
キャロブクッキー
photo by author

今回はお子様も一緒に楽しめるよう、キャロブパウダーを使用した作り方をご紹介しましたが、もちろんキャロブパウダーではなく、ココアパウダーで作っても美味しいです!

また、パパ用には生地を丸めるときにチョコレートを包んで入れて作るのも、濃厚さがアップしておすすめです♪

愛情たっぷりの美味しいクッキーで、パパを、ボーイフレンドを喜ばせちゃいましょう♪

【画像】
※ 著者撮影

外部リンク(It Mama)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ガールズコラム最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス