ブガッティも参入か!? スーパーカーSUV時代到来の予感

clicccar

2018/2/10 11:33


世界のメジャーメーカーにおいて2019年からスーパーカーSUVの時代が予想されています。その発端はやはり2017年のランボルギーニ「ウルス」でした。

世界のスポーツカーメーカーに目を写すと、ポルシェには「カイエン」、マセラティには「レヴァンテ」、アルファロメオには「ステルヴィオ」などがあります。

さらに1月のデトロイトモーターショーでは、フェラーリCEOが同ブランド初となるSUVを2019年以降発売すると語っており、残るメジャーなスポーツカーメーカーはマクラーレンとブガッティなどが上げられます。

しかし、マクラーレンのチーフデザイナーは「将来SUVを発売することは絶対にない」とまでメディアに語っており、車業界ではブガッティに俄然注目が集まっています。

そんな状況を踏まえ、ロシアのCGアーティストAksyonov Nikita氏がブガッティの最新スーパーカー「シロン」をベースにCGを作成し、SNSで公開しました。

ブガッティ特有のグリル、L字デイタイムランニングライトを装備するシロン風ヘッドライト、バンパーにはワイドはエアダクトを備えています。リアはLEDストリップライト、大型ディフューザー、ツインエキゾーストパイプを装備し、驚くほど違和感はないと言えます。

ブガッティは、2009年にも4ドア『16Cガリビエール コンセプト』を発表しており、SUV開発に意欲的という情報もあるため実現の可能性は高いと言えるかも知れません。実現すれば、パワートレインは最高出力1200ps、W型16気筒クワッドターボクラスとなるでしょう。

(APOLLO)

あなたにおすすめ