最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

鈴木亮平のモテる男像とは?自身は「まだまだです」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【鈴木亮平/モデルプレス=2月10日】俳優の鈴木亮平が10日発売の雑誌「andGIRL」3月号に登場した。

今年1月にスタートしたNHK大河ドラマ「西郷どん」で、主演を務める鈴木。インタビューでは、“男女問わずとにかくモテた!”と言われる生粋のモテ男、西郷隆盛役を演じる鈴木が“モテる男像”について語っている。

3度の結婚を経験したモテ男・西郷。鈴木は「幼なじみであり、のちに本妻になる糸さん(黒木華)は、とにかく健気に西郷さんを想い続ける献身的な女性。なのに、西郷さんは鈍感だから、彼女の一途な想いになかなか気づかないんですよね。2番目の妻、愛加那さん(二階堂ふみ)とは、安政の大獄後、幕府から逃れるために移住した奄美大島で出会います。2人は同じ日本なのに、生きてきた文化も違えば、言葉すら通じない。一体どのようにして惹かれ合っていくのかが見所です」と紹介した。

◆鈴木亮平の恋愛観



現代のアラサー女性の魅力については「すごく輝いている時期だと思います。大人としての色気や落ち着きをまといつつ、まだ色んなことに挑戦したいという若々しいエネルギーが共存していて、とても素敵だと思います」とコメント。

また鈴木が考えるモテる男像と西郷は一致するかといった質問には「西郷のように、心に燃える炎を持つ男は、やっぱりかっこいいですよね。そしてその炎を他人に感じさせない余裕も。僕は情熱だけが先走っちゃって、まだまだです(笑)」と答えた。(modelpress編集部)

情報:エムオン・エンタテインメント

【Not Sponsored 記事】

外部リンク(モデルプレス)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス