気温マイナス36度!?バイきんぐ西村、極寒の地でボヤキまくる

テレビドガッチ

2018/2/10 08:45

バイきんぐの西村瑞樹が、2月10日放送の『陸海空 地球征服するなんて』(テレビ朝日系、毎週土曜21:00~)で、「激安!いいね!アース」のモンゴル編をスタートさせることがわかった。

この企画では、インスタグラムの写真についた“いいね!”の数をそのまま旅の資金に換算しながら目的地を目指す激安旅で、これまで西村はタイ縦断、台湾一周にチャレンジしてきた。企画スタート時は、フォロワー数2000人ほどだったが、オンエアを重ねるごとにその数が増え、現在は約32万人に。

そんな“40歳のインスタおじさん”西村が、今回から新たな旅へと出発する。第3弾となる今回の舞台は、日本から飛行機で5時間半のモンゴルで、8日間でおよそ1000キロ、モンゴル縦断を果たすのがミッションだ。スタート地点である、ロシアとの国境の町・アルタンボラグに降り立った西村は、広大な雪景色が広がる光景に「何にもないじゃないですか! インスタ映えとかあるの、ここ? “いいね!”どころじゃねぇよ!」と、さっそくボヤキまくり。ロシアに近いだけあって気温マイナス36度という極寒の地に「こんな気温、見たことねぇよ! ムリムリムリ! キツイ!! 寒い!」とマジギレ。

しかも、これまで“1いいね!”=“0.1円”で換算してきたが、フォロアーもかなりの数になったこともあり、今回から“1いいね!”=“0.01円”。つまり“1万いいね!”=“100円”で換算するというルール変更を言い渡され、「はぁ? マジで言ってるんですか!? マジで言ってるんですか!? マジで言ってるんですか!?」「(この番組は)鬼だ鬼! ホント、鬼だよ!」「バカじゃないの!? 殺す気かよ!」と暴言を吐きまくり。しかし、前日インスタにアップした写真の“いいね!”数をチェックし、モンゴル通貨に換算して支給したところ、一転してなぜか上機嫌に。はたして、その理由とは!?

実は、第2弾のタイの旅では、ゴールすることが厳しいとわかった途端、西村は「ゴールできないのに、行く意味ないでしょ? もうインスタとか疲れたよ」と、丸1日ロケ日を残して強引にリタイア。フツーの芸人ならば不可能と知りつつも最後まであきらめず前進する道を選びそうなものだが、バラエティー界の常識を一切無視した行動を見せ、ネット上ではその“クズっぷり”が話題になっていた。番組MCを務める相方の小峠英二も、パートナーの想像を超えた醜態に驚愕の表情を浮かべていたが、今回はどんなスタートを見せてくれるのか、注目だ。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス