最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

登美丘高校ダンス部の新たなダンスに反響 スーツ姿に「バブリーじゃなくてもカッコいい」「さすが」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【登美丘高校ダンス部/モデルプレス=2月9日】大阪府立登美丘高校ダンス部コーチ兼振付師akaneが、卒業を目前にした高校3年生、昨年卒業したOGを中心とする総勢27名のダンサーと製作した全編ストーリー仕立てのダンス動画「登美丘高校ダンス部OG アサちゃん主演 フレッシャーズダンス『君はすばらしい!』」が公開された。これにネット上で大きな反響が寄せられている。

テーマは『卒業』。高校生から大学生になる女の子の不安や期待、憧れといった感情を、今まさに、その瞬間を生きている等身大のダンサーたちが、全身に想いを込めて踊る。akane初挑戦の本企画で主人公に抜擢されたのは、日本高校ダンス部選手権2016優勝で脚光を浴びた大阪府立登美丘高校ダンス部OGのアサちゃん(本名:高橋彩華 タカハシアヤカ)。根強いファンも多く「チームには欠かせない存在」というakaneお墨付きのダンサーだ。今回の動画についてアサちゃんは「表情を気にしてコロコロ変えているので見て欲しい」とコメントを寄せている。

◆撮影時のエピソード



撮影は、1月中旬、大阪府堺市・兵庫県伊丹市で1日かけて行われた。朝9時、ストーリー同様高校生活のシーンから撮影はスタート。現場には、最低気温3.8度の中、堺市にある体育館、渡り廊下、教室、階段で、靴下を履いた制服姿の女の子たちの白い息が漏れた。午後は、大学の正門に移動。入学式のスーツに着替え、ストッキングにパンプス姿で、激しいダンスパフォーマンスを撮影。バブリーダンスでタイトスカートの「膝を開かない振付」は慣れているというakaneの指導の下、OKが出るまで繰り返し何度も踊り、本編48秒のダンスシーンを2時間半かけて完成させた。

撮影後、akaneは今春卒業する3年生のメンバーに「色々な経験をしてきたと思いますが、新生活になって環境が変わる中で不安もあると思います。負けずに新しいものを生み出していく力、大人に負けない若者だからこそやれるっていう力をどんどん発信していって欲しいです」とメッセージを送った。

◆ネット上の反響は?



息ピッタリのキレキレのダンスにネット上では「カッコよすぎる!」「バブリーじゃなくてもめっちゃカッコイイな~」「さすが」など称賛の声が殺到している。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

外部リンク(モデルプレス)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス